ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぼくたちの家族

昨日は仕事が終わってから、久しぶりにレイトショーを観に行った。
毎週月曜日はメンズデイで男性のみ割引の日だけど、消費税アップにともなって鑑賞料金が1,000円から1,100円になっていたのがちょっとショックだ(T_T)

ただ、いつも行く映画館では身障者用のトイレがあり、ちゃんとオストメイト用も完備さてて立ったままパウチの処理が出来るので助かる。
身障者用でも車いすのままは入れる広いだけのトイレだと、オストメイトにとっては普通のトイレと変わらない。
それほどスペースを取るわけではないので、是非とも増やして欲しいものだ。

食後は出る量も増え、処理に行く必要があるかもしれないので、上演前には出来るだけ食べないように。


映画は母が急に脳腫瘍で余命1週間と診断され、それほど仲が良くなかった家族の心がひとつになり何とかしようと悪あがきをする話。
決して現実離れしたストーリーではなく、当の患者である母(原田美枝子)は脳疾患で病気の恐怖を殆ど感じることなく過ごしているところで、患者の立場から観ることは出来なかったが、自分が主人公(妻夫木聡)の立場だったら同じことをしているだろうな、と思いながら観ていた。
最初は頼りない父やかなり軽い弟だったが、最後はちょっと格好良かった。

良い作品でした(^_^)
スポンサーサイト
  1. 2014/05/27(火) 19:09:36|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレーンズ【2D・吹替】

今日は家族4人で映画鑑賞。
『永遠の0』と迷ったが、小四の娘には難しいかも、それに144minは長いだろうと『プレーンズ【2D・吹替】』の方にした。
制作はPixarかと思いきや、制作総指揮はJohn Lasseterなのに制作はDisneyToon StudiosでPixarの文字が一切出てこないのは、ちょっと違和感あり。

内容的には『カーズ』の飛行機版で仲間との友情を得て・・・な感じ。
『モンスターズ・ユニバーシティ』と比べるとやや低年齢層向け、中一の息子には退屈だったようだ。

ここ最近のPixar映像は明らかに3Dを意識した作りになっているので3Dで観たかったが、近所で3D上映は無しorz


そう言えば、2013年の米アカデミー長編アニメ映画賞に日本から『ももへの手紙』『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』『風立ちぬ』の3作品がノミネートされているようだけど、この中じゃ受賞はおろか本選へのノミネートまで進めれば良い方かな。
本命は『モンスターズ・ユニバーシティ』と思っている。
日本で圧倒的な人気と観客動員数を誇るスタジオジブリですら、2002年に『千と千尋の神隠し』で受賞しているが、この年は他に有力な対抗無し。2005年の『ハウルの動く城』は本選ノミネートまで進んだものの受賞は『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』だ。
日本アニメの本選ノミネートはこの2作品のみで、2009年の『崖の上のポニョ』は予選落ち(受賞は『カールじいさんの空飛ぶ家』)。
アメリカだとアニメは子供向けと位置づけられているから、低年齢層でも理解しやすく、かつ幅広い年齢層から受け入れられない場合は高い評価は得られないようだ。
  1. 2013/12/22(日) 18:06:25|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小鳥遊六花・改〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜

冒頭に10分間程度、エンディングに5分間に満たないオリジナル映像が付け足されているが、基本的にTV版を切って繋げただけのダイジェスト。
来春から始まる続編の予告で締め、ツボをちゃんと押さえかなり上手く編集されていて意外と退屈な感じは無かった。
この辺りは、さすが京アニな感じ。

TV版を観ていない人は全く楽しめないと思うところは、やはりアニオタ向け。
この辺も京アニだな。

何度も観る必要はないが、それなりに楽しめたから良しかな?
今日はメンズデイで1,000円だし(^_^;
  1. 2013/11/25(月) 20:23:49|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

かぐや姫の物語

小学校4年生の娘と観に行ってきた。

スタジオジブリで監督は高畑勲、原作は誰もが知る『竹取物語』だ。
上映時間は120分を超えていたが、それを感じさせないくらい展開が良く、むしろエンディングで「え、もう終わり?」って思うほど。
全体の流れは原作通りだが、所々に高畑勲らしい色つけがなされていて子供から大人まで(解釈は異なるかもしれないが)楽しめるようにしてあるところはさすがだな。

CG全盛のこの時代に、恐らく1枚1枚丁寧に手描きで作られたと思われる画は暖かみがあり、かつての『まんが日本昔ばなし』を思い起こさせるような古い技法だけど、何だか新鮮な感じがした。

スタジオジブリは宮崎駿と高畑勲意外の監督は明確にレベルが低いので、まだまだ頑張って欲しい。
  1. 2013/11/24(日) 18:39:20|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語

遅ればせながら観てきた。

・・・ちょっと難しくて、理解できない部分がorz

もう一回観に行くことにしよう(^_^;
  1. 2013/11/01(金) 23:27:17|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。