ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

検査入院2日目

先日は入院直後のMRIから採血まで、それなりにやることがあった。

今日は9:00過ぎにCTがあり、9:45の時点で本日分の検査は終了だ。
次回は3日Mon14:30からのPETまで予定無し・・・何して過ごそうかな(^_^;
スポンサーサイト
  1. 2014/02/28(金) 10:00:42|
  2. 直腸癌局所再発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

検査入院

入院期間が不明なまま、とりあえず言われた通り10:00に間に合うよう家を出る。
過去2度の入院経験から、3泊4日を想定した準備をしてきた。
それ以上長引くようなら会社に休暇の追加を申請しなきゃいけなくなる。
土日に検査をやるとは思えないから、1泊2日か4泊5日のどちらかだろうとは思ったが前者に期待。

受付でも入院期間は分からないとのこと。
手続きが済んで7階のナースステーションへ。
ベッドの準備中とかで20分間ほど待たされ4人部屋の廊下側へ。

持ってきた荷物を整理する間も無くMRIへ行けとの指示。
MRIから戻って荷物整理の続きをしていたら看護師さんが来てくれ書類やフロアの案内をしてくれた。
今回の検査入院前に入院の案内を受けなきゃいけなかったが、その前に入院だったので分からないことだらけだ。
院内の広さは、前の病院とは比べものにならない。

昼食後に医師が来てくれ、3日MonのPETが最後とのこと・・・月跨ぎで4泊5日かよorz
案の定、土日は何もする事なしだ。
これなら3日Monからの3泊4日にしてくれ〜(T_T)

今日はMRIの他に採血,心電図,肺活量,レントゲンで終了。
明日の予定はいまのとことCTのみだ。

肺活量検査時に手術の予定は4月って聞いていることを伝えたら「この検査の有効期間は1ヶ月なので、4月に手術なら再検査が必要になるのよね・・・」と。
確かに手術日は決まっていないが、まさか手術も予定より前倒しか?!
  1. 2014/02/27(木) 15:51:33|
  2. 直腸癌局所再発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮崎出張

17日Mon〜19日Wedは都城と宮崎でお仕事でした。
仕事自体は大したことなかったのですが3日とも暴風雨に近い荒天で、せっかくのリゾートホテル(ANAリゾートイン宮崎)だったのに全然楽しめなかった(T_T)
部屋が6階のオーシャンビューでツインと広く、朝食がバイキングで美味しかったのが救いだったかな。
ちなみに中部国際空港〜宮崎空港の往復にホテル2泊がパックで39,000円でした。



先程、転院先の大学病院から連絡があり、検査入院が27日Thuからで10:00に来てくれとのこと。
3月の上〜中旬に3〜4日と聞いていたのだが・・・如何にも事務員風な方へ「入院期間は何日間ですか?」に「伺っておりません」の回答。
え〜、3日以上なら月跨ぐじゃん。
2度の手術入院に今回の検査入院も月跨ぐのかよ・・・余計な出費がorz
生保下りるのかな?!
  1. 2014/02/20(木) 15:00:11|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

決断

久しく更新できていませんでした。

前回のケモ後に体調が悪く(脱毛再開)仕事は行ってましたが、それ以外は完全にダウンしていました(T_T)

1月27日MonのCT結果を2月3日Monに確認させてもらったのですが、腫瘍の大きさは前回(10月8日Tue)から変化無く、今の抗癌剤ではこれ以上の効果は期待できないことから、次にどうするのか幾つかのケースを出してもらいました(基本的には二択ですが)。
・(種類を変えるかどうかも含め)抗癌剤の継続
・手術
自分としては結論が出ていたのですが落ち着いて再考した方が良いと思い、1週間もらいました。

1週間後の10日Monに今の病院の主治医に手術をお願いしてきました。
早速、空きを確認して頂き3月12日Wedに予約を入れ、更に名古屋の大学病院へセカンドオピニオンもお願いした。

今の病院では、腫瘍自体は直径1cm程度のものが1箇所だけなので、これの除去だけならばさほど大きな問題はない感じの言い方だった。
腫瘍が2011年6月22日Tueの直腸吻合部に近いことから、癒着が見られる小腸はまだしも、また直腸を切って繋げても、ちゃんと繋がるかはやってみなければ分からず、
・最初から永久ストーマ
・小腸と直腸の接合部を温存するために2ヶ月程度の一時的なストーマにしておき、繋がれば再手術で外す
・ストーマ無し
3番目はほぼ可能性無しで、永久ストーマの可能性は50%よりちょっと高そうな感じ。
切るのは臍の下を8cm程度で手術時間は4時間、入院期間は2週間の予定。

13日Wedに行った大学病院の医師(2011年12月1日Thuと同じ消化器外科医)は、腫瘍の位置から膀胱や精巣に近いことから、開けてみてこれらにも影響があるかもしれないとの所見。
・・・これ以上は子供を作る予定ないから、精巣は無くなっても問題はないな。
手術に関しては、直腸を直接肛門に繋ぐことも出来るので肛門は残せると思うが、繋いだ直腸と小腸の温存に一時的なストーマは不可避で、5〜6ヶ月は様子を見る必要があるとのこと。
手術時間は15時間の大手術で、術後のICUが1〜2日、入院期間は3週間の予定。

やや悩んだが、その場で大学病院の方に手術をお願いした。
4月上旬で組み込んでもらえそうで、日程決まり次第、連絡を頂けることになった。
また3月に3〜4日の検査入院があるようだ。

転院に踏み切ったのは、現状に今の主治医はまず抗癌剤の変更を提案したのに対し、大学病院の医師は手術以外に治す手段はないと言い切ってくれ、これが自分の考えと同じだったことが大きい。
ただ、抗癌剤を昨年7月から半年間6クール行ったことに関しては「今の腫瘍に一定の効果が見られているし新たな転移を予防する意味から無駄ではなかったと思う」と否定しなかった。

種類を変えて抗癌剤を継続しても寛解の可能性は1〜2%程度で自分はそこまでヒキが強いとは思っていない。
どれも駄目なら最終的に手術しかなくなるのであれば、それまでの時間は無駄だし精神的,肉体的,経済的な負担が大きすぎる。

ってことで、手術に踏み切りました。



今月1日Sat〜2日Sunは鳥羽〜伊勢への社員旅行。思いっきり地元だが北海道から沖縄まで社員180人以上が集まり、久しぶりに会う方々ばかりで楽しかった。
12日Wedは新潟へ日帰り出張。プロペラ機に乗ったのはYS-11以来だと思うが、そもそもYS-11の記憶が無い(^^ゞ
来週17日Mon〜19日Wedは都城〜宮崎へ、20日Thuは午後から名古屋へ出張。
再来週は24日Monが東京で、25日Tue〜26日Wedが山形へ出張。

がんばろう。
  1. 2014/02/16(日) 10:36:46|
  2. 直腸癌局所再発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。