ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ようやく

腫瘍によると思われる痛みは相変わらずで、寝ているとき以外は結構な頻度で発生するようになってきた。
近ごろはほぼ毎日で痛みの継続も3~4時間だったりだが、市販薬のロキソニンSで幾分は和らいでくれるので辛うじて何とかなっている。
痛みでなかなか寝付けないことはあっても、痛みで起こされることがないのは救いだ。

先日は東京出張中に痛み出し腰痛で歩くどころか立っているのも辛いほど、秋葉原の薬局で薬を買ってしのいだが、仕事内容が座りっぱなしの会議じゃなかったらキャンセルしてたな。

痛みは我慢できるが、その間は何をするにも集中力がゼロだ。
仕事中だとパソコンの前に座ってひたすら作業をやっている振りをして耐えている。

今のところ何とかなっているとは言え、いつまでもこのままでは辛く、入院や手術の日取りが決まっていないこともあったので、大学病院へ相談を兼ねて連絡をしてみた。
14:00くらいからTELし、電波状態が悪いやら相手との都合が付かないとかで、担当医に繋がったのは16:00だった。

秋葉原駅近くのビル5Fの外階段からだと、docomoはLTEじゃなく3Gだし相手の声は僅かに聞こえるもののこちらの声が全く届いてないようでNGだったがSoftBankとauは全く問題なし。
docomoが一番繋がって切れにくいって遠い昔のことだったんだね。

入院は4月4日Friからを予定しているらしく、手術日は聞かなかったが7日Monあたり?

痛みについては多少のやりとりをしたが、担当医の結論としては「便が出ている(腸閉塞の疑いが無い)のであれば、そのまま入院まで我慢してください」とあっさり言われた。
24時間継続する痛みじゃないし脂汗が出るような状態は30分間程度なので、来週末まで我慢しろと言われれば我慢しますが、それまでの痛み止めを出してくれるとかして欲しかったよ(T_T)

手術日と入院は正式に決定次第、改めて連絡を頂けるようだが、入院期間は3週間らしいけど4月4日からならさすがに月を跨ぐことはないよね(^_^)
スポンサーサイト
  1. 2014/03/25(火) 15:31:15|
  2. 直腸癌局所再発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ぼちぼち

今週は12日Wedに午前だけ振替休暇をもらって病院へ。
先の検査入院について生保からの保険金が下りるとのことなので診断書を書いてもらいに行った。
病院に払った分くらいはもらえるようなので一安心。
ちゃんと三大疾病をかけておいて良かったといつも思う。
しかし、ほんのちょっと書いてもらうだけで文書料5,250円は高いな。
書類は出来たら郵送してもらえるようで、また取りに来なきゃいけないのかと思っていたが助かった。

時間が余ったので名駅でちょっと買い物をして午後から出社。

午後は来客の対応など普通に業務をこなしていたが、定時の17:00あたりから腰に違和感があり徐々に痛みへと。
便意があって何度もトイレへ行くが、そんなに出るわけでもなく、休憩室で横になったりしながら小1時間ほど脂汗が出る状態で我慢していたが耐えられず嫁に車で迎えに来てもらい帰宅。
横になると幾分マシで、20:00頃には痛みが退いてくれた。
結局は3時間程度悶絶する羽目にorz

翌日もちょっと長い立ち仕事をしていたら下腹部に違和感を感じたので、デスクワークに変更したら治まった。

痛みは下痢の時に感じる痛みに近く、酷い便秘にあるような硬い便が肛門に強い力で押しつけられている感じが続く。
実際はどんなに頑張っても何も出てこず、昨日は透明な消化液が出ていたから、直腸は空の筈。
立っていると発生し易く、座るか横になっていると治まるようだ。
また、便意があるからと言ってお腹に力を入れると更に酷くなるので、幾ら便意を感じてもお腹に力を入れないようにしていると治まるのも早い。
今日も昼食後に違和感があり「来たかな?」と感じたが、冷静に座って安静にしていたら短時間で痛みは退いてくれた。

昨日は上手くいったが、次回以降も同じとは限らない。
でも、常時痛むわけではないだけマシかな?


そう言えば、手術日に関して病院から連絡がまだ無い。
検査結果の良否も・・・便りが無いのは良い便り、ってことなのかな?
  1. 2014/03/14(金) 23:11:21|
  2. 直腸癌局所再発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

痛み

抗癌剤を止めてから随分経つが、ここ最近ちょっと便秘気味で、貯まった分が出るときに肛門から腰にかけて痛みが出ている。
昨年の6〜7月、再発が見つかる前にあった痛みとほぼ同じだが、今回は下痢の排便時とその後は1時間程度継続して徐々に治まるので何とかなっているが、痛むときはかなりのものだ。
治まるとそれまでが嘘のように痛みが消えるので、日常生活にさほど支障ないのが救いか。
一昨日は下痢で2時間とその後1時間の計3時間程度は激痛に耐えていたが、本気で病院に行こうかと思うほどだった。
便秘が3〜4日続くので、週に2回ほどはこの痛みと格闘している。

半年前は常に鈍い痛みがあり抗癌剤を始めたらすっきり消えてくれた。
今回は排便時だけだが強い痛みがある。
どちらも再発した腫瘍によるものだと思っているが、来月の手術で治まってくれると信じ、それまで我慢だ。
  1. 2014/03/10(月) 21:16:18|
  2. 直腸癌局所再発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

検査入院から退院

予定通り本日退院。

急遽入ったキャンセル待ちの造影MRIは午前中のうちに無事終了した。
如何にもキャンセル待ちらしく、9:30ごろ急に看護師さんが来て「今から直ぐに行ってください」だったが、待ち時間なしなので、これはこれで良い感じだった。
詳細な結果はまだ出ていないが、昼過ぎに担当医さんが来てくれたとき「専門医の診断はまだですが、多分、大丈夫そうですね」と言ってくれたが、午後のPETで白黒つくので、現段階で過度な期待はしないでおこう。
・・・でも、ちょっとだけ安心した(^_^)
仮に悪性の腫瘍だったとして、今回の手術で除去するかどうかは状況次第なので、それも打ち合わせで決めますとのこと。
「全てお任せします」と答えておいた。

午後は予定通りのPET。
前の病院ではFDGの注射が物々しかったけど、こちらは普通に点滴での投与だった。
PETの検査は毎日行うのでFDGは院内で作っているが、そうでない病院だとFDGをバイク便などで届けてもらうそうだ。
高価なものだし半減期が2時間しかないので、急なキャンセルは困るだろうな。

検査終了後、病室に戻り片付けをして1Fの受付で会計を済ませ、また7Fのナースセンターに戻って看護師さんへお礼とまた来月お世話になりに来ますとお願いして帰った。

支払いは、事前に合わせて90,000円くらいと聞いていたが、2月分が30,210円、3月分が33,550円の63,760円だった。
高額医療費(複数該当)でも44,400円、2ヶ月で88,800円超を覚悟していただけに、1ヶ月分+20,000円くらいで済んで助かった(^_^)
それにしても、4泊5日の入院で造影CT, MRI, 造影MRI, PET, 血液検査, etc.にしては安いな。


検査のために朝から何も食べてなかったので、病院を出た直後にかなりの空腹感があり名駅で食事をして電車へ乗った。
金曜日の夜から便秘だったことと急にたくさん食べたことが原因だと思うが、途中で我慢できずに下車してトイレへ。
そんなに大きくない駅だったが、身障者用のトイレが男女それぞれに完備してありオストメイトの表示もあった。
手術でどうなるか分からないが、今後に備え、これもちゃんとチェックしておかねば。
  1. 2014/03/03(月) 23:48:39|
  2. 直腸癌局所再発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

検査入院4日目

この病院では患者ごとに受持看護師が割り当てられ、患者か看護師が辞めない限りは他の科で受診しようが変わることはないらしい・・・その受持看護師さんに入院4日目にしてようやく会うことができた。

朝、看護師さんに「何処か外出しますか?」と聞かれたが特に行く当てはないし、明日はPETなので安静にしておく方が良いだろうとベッドの上で大人しくしていた。

暇潰しにはiPad AirとDQM2(3DS)、それとiPhone 5に入れてある音楽で何とかなっている。
ヘッドホンはBoseのノイズキャンセリングモデルQC15が重宝する。遮音性や音質はShureのSE535LTDの方が上だが、こちらは耳栓に近く必要な音までカットされてしまうし装着が面倒だ。
iPad AirとNintendo 3DSはWi-Fiモデルなのでネット接続には無線LANが必要だが、これはiPhone 5とiPhone 5Sのテザリングで快適に使えている。
当然のように院内のインフラは使わせてもらえないので、前回の入院ではポケットWi-Fiを契約して持ち込んでいたが、iPad Airで動画をダウンロードしないなら7GB/月の制限も全く問題ない(実際は2台で14GB/月だけど)。

担当医から「今回の検査結果が特に問題無ければ手術はセカンドオピニオンで説明した通りになりますので、手術までに来て頂く必要はありません。手術や入院の日程が決まり次第、ご連絡差し上げます。」とのこと。
今回の入院で病院のことはある程度分かったので、特に説明は要らないかな。

前回の手術の痛みはまだ覚えていて今回はそれ以上に辛いだろうと想像しやや凹んでいたが、万が一その手術を受けることが出来なくなる方がよほど辛いので、とりあえず明日の検査を何とかクリアできるよう祈っておこう。
  1. 2014/03/02(日) 21:09:27|
  2. 直腸癌局所再発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

検査入院3日目

特に何もすることなくて暇だ・・・。

午後に担当医が来て、MRIだかCTで肝臓に黒い影が確認されたらしく3日Monの午前に造影MRIが追加となった。
そう言えばCTは造影だったが、MRIの方は造影じゃなかったな。
土曜日でMRIの担当者がいないため、詳細は月曜日になるとのこと。

先日、主治医が回診に来てくれた時には特におかしな結果は出ていないと聞いていただけに軽いショックはあったが「それって、切れる場所ですか?」に「切れる場所です」の即答でとりあえず安心した。

来月に予定している手術のための検査入院だが、そこまでの検査で悪い結果が出て“手術不可”となることを一番心配している。
  1. 2014/03/01(土) 19:10:27|
  2. 直腸癌局所再発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。