ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ようやく

先程、大学病院から入院と手術の連絡が来た。
8月4日Monから入院で翌5日Tueに手術とのこと。
毎度のことながら急過ぎるよ(T_T)
スポンサーサイト
  1. 2014/07/30(水) 15:21:41|
  2. 直腸癌局所再発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

パウチ

当初の予定通りパウチの交換は月水金の朝起きてから食前にシャワーを浴びて行うようにしている。
外した後の清掃はシャワーで洗い流した方が楽だし、気持ちが良い。
ムース状の洗浄剤は持っているが、入院中に1度使っただけで、それ以降は使っていない。
外した直後の開放感と、面板を貼ってあった箇所にシャワーを直接当てると、超良い感じでマッサージされて気持ちいい。
時間がない朝にも関わらず10分間くらいストーマにシャワーを当ててぼーっとしてたり、一日中こうしていたいと思うほどだ(^_^)

パウチは病院で選んでいただいた『イレファイン Dキャップフラット50』を使っていて、ストーマの根本がかぶれているから、保護として『アダプト皮膚保護シール』も使っている。
パウチは直径35~40mmに自分で切っておき、保護シールは半分に切ってから手で伸ばし、ストーマの根本に貼ってからパウチを重ねて貼る。
今のところ、漏れなどのトラブルは起きていないし、剥がすときの状態からみると、まだまだ余裕がありそうな感じだ。


ここ最近、暑くて汗をかくからか面板の部分が赤くかぶれ気味で痒い。
前回のストーマ外来でかぶれがある場合は『ブラバパウダー』を勧められていたが、次回の発注時に頼むつもりでいたから未入手だ。
先週に次回の発注をした際、ちょうどストーマ外来の日まで残りが持つので送料&代引き手数料をケチってお店に取り置きをお願いしたが、ちょっと後悔orz
  1. 2014/07/11(金) 15:03:11|
  2. 予後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

崩壊

エースのネイマールに主将シウヴァが不在ではダメでしたか・・・。

個々の能力が高く本来であれば2選手が入れ替わったくらいじゃ問題無さそうに思えるけど、今回のブラジルは序盤からそれまでの強さが感じられなかったな。
・・・日本-コロンビア戦では先発を8人入れ替え、更には途中でW杯最年長キーパーに交代しても1-4だ(T_T)

前半途中、6分間で4失点したときは完全にシステムが崩壊し、それを立て直すまでの隙をつかれた感じ。
この猛攻だけで勝負あり。

ドイツは優勝経験国で今回も優勝候補の一角だから優勝候補筆頭のブラジルに勝って何ら不思議はないんだけど、今回は明らかに格上な印象を受けた。
決勝でアルゼンチン-オランダのどちらがこようとも、この勢いは脅威だろうな。

個人的にはオランダを応援(^_^)
  1. 2014/07/09(水) 09:18:24|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

七夕

地球から織姫ベガと彦星アルタイルまでの距離はそれぞれ25光年と16光年だから、短冊は2種類書き、16年後と25年後に叶えて欲しいお願いをするのだそう(by ハルヒ)。
ベガとアルタイルの距離は15光年、かなりの遠距離恋愛だ。

16年後と25年後・・・とりあえず世界平和でも祈りましょうか(^_^;
  1. 2014/07/07(月) 10:31:15|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蝉の声

昨日の朝、網戸にした窓の外から蝉の声が聞こえた。
お隣の家の生け垣に毎年群がるクマゼミだ。
ピーク時は会話が出来ないほど10数匹が一度に鳴き五月蠅いくらいだが、さすがにまだ1匹だけのよう。
「今年も鳴き始めたか、まだ梅雨も明けてないのにご苦労様です」としばし聴き入った。

もう夏だな、と感じさせてくれるクマゼミの声は大好きだ。

そして今朝、昨晩のサッカー観戦で夜更かしして遅めの目覚めだったが、昨日と同じく蝉の声で起きたが、声が昨日と違う。
「ツクツクホーシ、ツクツクホーシ」
「?????????」
・・・寝不足で寝ぼけているのかと思ったわ。

ツクツクボウシはお盆あたりから鳴き始め、夏の終わりを告げる蝉だ。
通常はクマゼミと被らない。

異常気象?


ちなみにミンミンゼミとニイニイゼミは生息域が被らないと聞いたことがある。
夏の終わりを告げる蝉であるヒグラシとツクツクボウシも同じ土地で聞いたことないな。
  1. 2014/07/06(日) 23:35:44|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼が笑うかも

記念日として記憶していないから忘れていたけど、原発の直腸癌摘出手術を受けたのが2011年6月22日で、もう3年経過していることに気付いた。

手術前の検査で既に肝臓への転移が確認されていた直腸癌ステージIV、当時の5年生存率は13.6%、8年生存率は10.8%だったと記憶している。

肝転移が見つかった際、主治医が「肝転移の場合、5人のうち4人は門脈付近とか手術による切除が不可能なのですが、幸いにも4箇所全て右葉にあるので、これだけなら切除できますね」と運良く20%を引いていた。
直腸の局所再発が見つかったときは、再発率は10人に1人(10%)、大学病院では8%と言われ、これも低い方。
そもそも40代前半で直腸癌に罹患する確率は数万分の1だ。

昨年発覚した局所再発も上手く切除して頂き、今のところ何とか2年後には低確率側の13.6%の方に入っていられるかな?と期待しておきましょう(^_^)
  1. 2014/07/03(木) 17:52:39|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。