ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またまた中止(延期)

昨日(5/27Tue)はケモの予定で病院へ。
血液検査が終わって待合で待っていると、いつもより早く診察室へ呼ばれ、ちょっとドキドキ。

結果は白血球は順調に回復(3,700)しているが、血小板がまだ低い(61,000)ので、今回も延期とのこと。
ある程度の予想はしていたが、ちょっとがっかりだ・・・orz

白血球が低いと外から入ってきたウィルスとかに対する抵抗力が下がり、病気にかかり易くなるのは分かるが、血小板が少ないだけなら、現状で鼻血などの出血はやや時間がかかるものの、ちゃんと止まっているから問題ないのでは?と思って聞いてみたところ、体内での出血、特に脳で出血があった際は命にかかわるので、やはり血小板が戻ってからの方が良いとの回答でした。
次回の治療からオキサリプラチンを抜いてアバスチンとゼローダだけにするのも、QOLを考慮した上での判断。
腫瘍は気になるものの、やはり身体や命あってのものだから、素直に従うしかない。

来週(6/3Tue)に血液検査が問題なければ、その週末に東海オフだが、オキサリプラチン抜きの予定なので、特に問題は無いかな?
スポンサーサイト
  1. 2015/05/28(木) 13:54:00|
  2. 腹膜播種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

先週のこと

先週はやはり、かなり凹み気味でした。

5/20Wedは延期となっていた抗癌剤の治療予定だったが、先週と同じく白血球が2,500→2,900とやや回復しているものの、血小板は61,000→41,000と2/3に減少。
結局、更に延期となった・・・orz
原因や対策は特に無いようで、体調によるものだろうと言われた。
XELOXのオキサリプラチン抜きについて聞いてみたが、オキサリプラチンで手足の痺れが後遺症として出ることは殆どの患者で見られ、しかも永続性が高く、これが悪化してから残ってしまうとQOLを著しく低下させることになるので、一時的に休薬して様子見し、痺れが軽減するようならば再開するとのことだった(診察費2,230 + 薬代880)

5/21Thuは午後から泌尿器科で3カ月おきのステント交換。
さすがに施術中は痛くてたまらないが、15分間程度で終了。
その後、丸2日間くらいは排尿の際に痛みと血尿があり、実際はこちらの方が辛かった。(治療費20,030)

5/22Friは普段通り会社へ行き、昼過ぎから寒気を感じていたが、午後は会議なので我慢して過ごす。
終了間際で額を触ると、明らかに熱い。
就業後、嫁に迎えに来てもらい帰宅し熱を測ると、やはり38℃以上の発熱。
どうやら風邪を引いたようだが、その日は温かくして寝た。
朝に熱が下がっていなければ病院へ行こうと思っていたが、朝は35.9℃と下がってくれていたので、週末は無理しないようにした。
白血球が下がっていることが原因かな?今後は注意せねば。

今日は実務が忙しく、殆ど事務机に戻れず立ち仕事。
ちょっと右手に負荷のかかる力仕事をしたら、午後から右手をちょっと動かしただけで攣って痛い。
脚もふくらはぎが張った感じなので、寝ている時にこむら返りで悶絶して目を覚ます可能性大だな(^_^;
  1. 2015/05/25(月) 15:37:56|
  2. 腹膜播種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訃報

先日、ブログを通じて知り合った方が亡くなったと連絡を頂いた。

同世代で同じく大腸癌からの腹膜播種でしたが、彼は癌と闘い根治を目指してリスクのある手術を選択。
私は運命を受け入れ、根治は諦め癌と共存すべく延命(抗癌剤)を選択。

どちらが正解かは未だ分からない。
死ぬ間際でも答えは出ないと思う。
・・・そもそも正解は無いのかもしれない。

どんな偉人や資産家であっても、死を回避して永遠の命を手にした人間はいないのだ。
近い将来、来るべき日まで一生懸命生きようと思う。
その時、後悔の無いように。
  1. 2015/05/19(火) 18:43:51|
  2. 腹膜播種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ちょっと凹み気味

先日はケモで病院へ。
先週と先々週は水曜日が休日だったため、その分多いのか?と思ったが、普段とさほど変わらない人の多さ。
外来の予約人数も2,000人程度らしいから、普段通りだ。

血液検査の結果から、やはり血小板が61,000(基準値 160,000-410,000)と少ない。
3週間程度では戻らないようだ。
白血球は2,500(基準値 3,800-8,500)だから、こちらはそれ程問題ではない。

結局、ケモは来週に延期となった。

診察時に主治医へ「手足の指先が常時痺れている。でも今のところ字を書くとか箸を使うのに全く支障ない」と伝えたところ、原因はオキサリプラチン(エルプラット)の副作用らしく、このまま続けた場合、徐々に症状は重くなり、しかも永続性が高いため改善は期待できないとのこと。
次回のケモはアバスチンのみとし、服用薬のゼローダで様子見することとなった。

先月22日Wedに撮った造影CTの結果は「変化無し」だったが、これもエルプラットのおかげだと思っている。
本来の3週間おきから4週間おきになって現状維持。
それが無くなってしまうと悪化するんじゃないのか?と心配ではあるが、ここは主治医にお任せすることにしておこう。

来週21日Thuはステント交換、合わせてちょっと凹んでいる(×_×)
  1. 2015/05/14(木) 23:26:59|
  2. 腹膜播種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

休日出勤

ただいま仕事ちう。

昨日の19:00~20:30と、今日は朝の7:30から仕事で休日出勤。
確認試験で、12時間後と更にそれから1時間おきのチェックをしなければいけない。
明日はいったん出社してその報告、それから9:30に出て13:00から秋葉原で会議だ。

仕事はかなり忙しく、今の体制では捌ききれていない。
新入社員が2名入ってきたが、配属が自分の下でなくてホッとしている。
この忙しい時に、新入社員のお守は不可能だよorz

今月は13日TueにXELOX、21日Thuは午後から泌尿器科でステントの交換、29日Friの午前はその確認の3件が予定に入っているが、XELOXは血小板か白血球が不足して延期になると予想している。
仮に順調なら、次回は東海オフ直前の3日Tueになってしまうから、それだけは避けたい。
・・・主治医に1週間の延期をお願いすれば良いだけだが、何故か自己都合での延期は言い出しにくい(^_^;
  1. 2015/05/10(日) 14:05:25|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。