ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初めてかも・・・

今日は3週間ぶりのケモ。
先週撮った造影CTの結果は、エルプラットで幾分小さくなった状態をキープしているらしい。
基本的にCT画像を見せてくれないことが多いが、今の状況から疑うことも無い。

・・・ハイパーサーミアのこと、聞き忘れたorz

血液検査の結果から、白血球はギリギリ規格内。
血小板が62,000と相変わらず低いが、毎度のことだし、ここ最近は鼻血も出ていないので、やっていくことに決定。
ケモはアバスチンのみなので、点滴だけなら35分間だが、問診や準備の方が長い。
特に問題無く終了。治療費0+薬代16,820円


朝が早く、朝食をほとんど取っていないので、名駅周辺で昼食を。
12:00前だったが、名駅の驛麺通りでお目当ての店は既に行列が出来ていたので、部下がオススメのラーメン屋を思い出し、行ってみることにした。
『本郷亭』の名駅店、太閤口出てから歩いて5分くらい。
ランチの時間帯は、ラーメンを頼むとご飯と漬け物が食べ放題らしい。

IMG_0554 - 2015-06-24 12-02-42
季節限定の冷やし中華(胡麻ダレ)。830

IMG_0553 - 2015-06-24 12-02-08
餃子。370

冷やし中華は、胡麻ダレなのにピリ辛(ラー油?)で余計な味付けがされていて、味にまとまりが無い感じ。
麺は卵の香りがする至って普通の中華麺。
チャーシューは確かにボリュームあるものの、その味付けが胡麻ダレと全く合っていない。
更にマヨネーズも余計。
これを考案した人の味覚センスを疑ってしまう。
ここでタイトルだが、産まれて初めて外食で完食できなかった。
よほど口に合わず不味くても、勿体ないから何とか完食することを心がけていたが、流石にこれは2/3ほど食べたところで心が折れて残してしまった。恐らく生涯初。
お腹は腹五分くらいで、まだまだ入る状態だったが、口が全く受け付けない。

餃子もかむと中から豚の肉汁が出てくるのだが、その脂が口の中で何時までも残ってしつこい。
でも、こちらは何とか完食。

本当に美味しいラーメンは、味はいくらこってりしてても口の中にしつこく残らず、余韻が残る程度で次々と食べ進めることが出来る。
博多のとんこつラーメンはこってりしててしつこそうなイメージはあるが、味はしっかりしていながら実際はあっさりしている。
不味いラーメンは、食べている最中から水が欲しくなる。
今回も、何とか水を飲んで流して2/3まで頑張った。

これは冷やし中華だけのことで、通常のラーメンはちゃんとしていればいいのだが・・・。

でももう、行くことは無いだろうな。
思い出しただけで胸焼けがしそうだ。
スポンサーサイト
  1. 2015/06/24(水) 18:32:34|
  2. 腹膜播種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

造影CT撮影

今日は午後から半日有休を取って病院へ。
15:45から予約の入っている造影CTの撮影。

前回(3日Wed)に診察の際に服用薬の処方箋が出たが、利尿剤(フロセミド)だけ7日分だった。
ゼローダは14日分だけど、それ以外は次回の診察までの21日分出ていると思っていた。
地元の薬局で気付いたが「ま、いっか」で処方箋通り7日分だけ出してもらった。
フロセミド飲んでいる間は何ら変化はなかったが、薬の切れた先週金曜日あたりから体重が徐々に増加。
体調に大きな変化はなかったが、今朝の時点で体重が+2kgだったし、手の指やふくらはぎに若干の張りを感じるので、病院へちょっと早く行き、主治医の診察をお願いした。
主治医は急変した患者が出たとかで診察はしてもらえなかったが、話を聞いた看護師が出てきて「ごめんなさい。フロセミドだけ21日分にし忘れてたみたい。」とのこと。
とりあえず7日分の処方箋を出してもらった。診察料0+薬代510

毎朝1錠飲むだけなので、数日くらいは無くても大丈夫と思っていたけど、こうも早く異常が出るとわ・・・ちゃんと効いていたのね(^_^;

取り敢えず問題は解決したと判断したら、朝から絶食でお腹が空いてきたので、名駅の驛麺通りでちょっと遅めの昼食。

IMG_0539 - 2015-06-17 16-13-58
博多らーめんのお店で夏限定メニューらしいピリ辛の海鮮冷麺。
麺にしっかりした腰がありスープは胡麻ベース、エビやイカへの火の通し具合がちょうど良い感じで美味でした。
・・・でも、やはり普通のとんこつラーメンの方が良いかな。

IMG_0540 - 2015-06-17 16-14-27
博多風の一口餃子だけど、味は普通。
鉄鍋で出てこないのと、柚胡椒(赤)が置いてないのは勉強不足だな。

中華麺のかんすいは腸閉塞の恐れがあると聞き、しばらくは控えていたけど、まだなってもいない病気を怖がるのは自分の性に合わないな(^^ゞ
  1. 2015/06/17(水) 23:41:01|
  2. 腹膜播種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

祖母

産まれてから大学で実家を出るまでの19年間、祖母と同居していた。
私が物心ついたときには既に全盲で、明るさが判別できる程度。
男2人女3人の5人姉妹の長女で、祖父を早くに胃癌で亡くし貧困ながら7人の子供たちを育てあげたそうだ。
昔は骨折しても病院へは行けず、90歳で腰を骨折し手術、皆が寝たきりを覚悟したにも関わらずリハビリで驚異的な回復を見せ杖無しで歩いて見せたほどの負けず嫌い。
孫が14人、その全員が結婚していて、曾孫は20人以上の正にGrand Motherだ。

そんな祖母は2008年2月に享年97歳で亡くなった。
女が長寿の村において97歳は珍しくはないが、立派な大往生だ。
通夜には200人を超える方が集まってくれ、半数近くは会場に入りきれなかった。
若い頃は美人で面倒見も良かったそうで、改めて祖母の人望の厚さを実感した。

その翌日、その祖母の弟が肺癌で亡くなった。
前日、お見舞いに行ったとき、気はしっかりしていたが肺に水が溜まって辛そうだった。
祖母の通夜で皆が葬儀場へ泊まっている未明に病院から連絡が入った。
同じ葬儀場を使うことになり、2日続けて姉弟のケースは初めてとのこと。
長いこと辛そうにしていたので、お姉さんが一番かわいがっていた弟を楽にしてあげ、仲良く一緒に連れて行ってくれたのだと言われていた。

その後、5人姉妹の次男が肝臓癌で亡くなった。
次女も脳梗塞で倒れ、発見が遅かったものの何とか一命は取り留めたが、1年ほどで亡くなった。
一昨年、祖母の長男で、最も祖母の面倒見が良くて自慢の長男が前立腺癌で亡くなった。

そして同居していて、一番かわいがってもらった孫の私が今の状態だ。

母は祖母の遺影に向かって「あんたは、自分の好きな人を次々と連れて行く。孫まで連れて行くのは許さんよ」と嘆いているらしい。

亡くなる半年ほど前、祖母と最期に交わした会話に「あぁ、この目が見えるようになって、最期に一目でいいからあんたの顔を見たい」と悔しそうに言っていたのを、今でもはっきりと思い出す。
私が幼い頃「僕が目の見えないおばあちゃんの杖代わりになって、どこで一緒に連れて行ってあげるんだ」と言っていことを、結婚式のスピーチでお世話になったお医者さんから聞かされた。
非科学的なことを信じるつもりは無いが、このような念が強く残り、お気に入りの人たちを呼び寄せているのだろうか?と思うことがある。
寝て見る夢ではちゃんと目は見えていると言っていたので、死後の世界でも見えてるんじゃないかな?もう杖は要らないでしょ、お婆ちゃん。
  1. 2015/06/16(火) 14:36:24|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

個人面談

先週は出張があったり会議があったりと、ちょっと忙しい感じで過ぎた。
そんな中、12日Friに本部長との個人面談があった。
8日Monから全員と順番に行っていたが、私が最後。

病気と業務について30分間ほど話した。

会社としては、何とか長く働けるよう、来年の1月1日付けで本社の購買部へ移動を予定し、既に社長の承認を受けていることを初めて聞いた。
(余命宣告の件を知っているのは、社内で片手ほどしかいないことに、ちょっと驚いた)
以前にも噂はあったが、購買部の部長が来年の6月までで定年退職なので、半年間の引き継ぎ期間を設けるとのこと。
私自身は今年の9月30日付けで退社し、余生を生まれ育った実家で家族と過ごそうと思っている。

昨年10月に宣告された余命は、あと2年から2年半くらい。
セカンドラインのエルプラットが使えなくなった今、使える抗癌剤の選択肢がどれほどあるのかまだ聞いてはいないが、それまでよりも効果が薄くなるのだろうと思っている。
まだ痛みや目立った自覚症状は出ていなく、抗癌剤の副作用の方が辛いくらいだ。

今の職場でもう一度冬を越すのは辛いが、本社なら多少はマシだし、動き回っての実務は無くなるな・・・。
とりあえず9月30日で辞めるつもりであることは言わずにおいた。
条件は悪くないが、子供の学校のこともあるし、家族と話し合う必要がありそうだ。

ギリギリまで会社で働くつもりは毛頭無い。
・・・社畜じゃないし。
  1. 2015/06/15(月) 14:14:44|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東海オフ会

先日の6/7Sun、名古屋で開催された東海オフ会に参加させて頂きました。

前回、開催された時は腹膜播種で腹水が溜まって緊急入院し立ち上がるのも辛く、直前でキャンセルせざるを得ず不参加だったので、久しぶりにお会いする方々や遠方から来られた方に感動。
先の入院時「もう生きて退院はできないか」も、と覚悟していたので、尚のこと嬉しかった。
それが今回は3次会に参加できるまで回復している。

色々な方々とお話が出来、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

意外とこのブログや他所でのコメントが読まれていることに驚いた。
今までは適当なことを書くこともあったが、今後はもう少しまじめに書こうと実感した(^_^;

また次回も参加できることを一つの目標にして、頑張っていこうと思う。

・・・帰りの電車で居眠りして乗り過ごしてしまい、帰宅が終電近くになったことは、家族には内緒。
  1. 2015/06/08(月) 10:52:31|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。