ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またまた入院

今日から2泊3日の予定で入院。
ここでは薬を変更する際の初回は入院で様子を見るらしい。
オキサリプラチンからイリノテカンなので一般的には副作用は少ないから、別に入院してまで・・・と思うが、もう離職が決まった身としては、むしろありがたいかも。

2015092913232088d.jpeg
短期なのに窓側だった(長期の患者さんに申し訳ない気持ち)。

2015092913322312c.jpeg
でも、鶴舞公園の反対側なので、景色はイマイチだorz

着いて早々に受持看護師さんと新しい担当医が来て書類の説明や採血などで30分間くらい、で本日の予定は完了。
あとは明日の点滴まで自由時間だ。

主治医は4年前のセカンドオピニオンから変わってないが、それをサポートする担当医は3人目だ。
前の2人は他の病院へ転勤したみたい。
大学病院は医師も看護師も激務なので、他でいい話があれば飛びつくのかもね。

20150929140248894.jpeg
昼食、魚に味がなくて残念(>_<)・・・醤油か塩を買ってこよう。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/29(火) 14:06:26|
  2. 予後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

週末

26日Satは昼前から部屋の片付けをやって、不用品がまとまったところで市のリサイクルセンターへ持ち込んだ。
結構、普段から片付けているつもりだったが、まだまだ出てきそうだ。

引っ越し屋の代金を安くあげるため、荷物の搬出は10月3日Sat午後で、部屋の退去は10月10日Satになった。
10月上旬、体育の日がらみの3連休は引っ越し件数が多く、繁忙期に近い価格設定のようだ。

夜は自転車仲間との送別会。
同じ趣味を通じて知り合い、苦楽を共にした仲間たちとの別れは辛いけど、小倉のメディアドームあたりでまた会えるでしょう。


27日Sunは、前日のお酒がちょっと残ってたけど、何とか起き出して先日の続き。
休日はリサイクルセンターも休みなので、ごみをちゃんと仕分けして部屋の中に積み上げたら、全部で45リットルの袋が10個以上になった。
でも、ほぼ90%は終わったので一安心。
明日から2泊3日の予定でまた入院となるから、その分は何とかなった。

一番の悩みどころは、3匹の水棲カメ。
どうやって九州まで運ぼうかな?
  1. 2015/09/28(月) 10:15:27|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼畜の鑑

川島なお美さんは色んな意味で可愛らしい方だったので、好きでした。
この度は、ご冥福をお祈りさせて頂きます。

ただ、今更だけど彼女のブログを読んでいると
ttp://ameblo.jp/naomi-kawashima/entry-11806042988.html
の後半部分にかなり違和感を感じた。
もう少し早く処置出来たのでは?民間療法?などなど。
良い医者と出会う前に、悪い人たちと出会ってしまったんだね。


タイトルの件はちょっと前の記事ですが、
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150911-00000381-oric-ent
が某所で話題になっている。
芸能関係に興味ある人は多いだろうし、だから他誌と違うネタを求めるんだろうけど、さすがにこれはないな( ̄へ  ̄ 凸

女性週刊誌を買う人、読む人は同類だよ。

(リンクはコピペして頭にhを付けて下さい)
  1. 2015/09/26(土) 04:01:43|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シルバーウィーク

シルバーウィーク中は母と息子が来ていて、一緒に過ごした。

来るのは19日と聞いていて、しかも名古屋着は22:00近かったので「息子の塾が終わってから来るのかな?」くらいに思っていたが、18日Friの22:00前に自宅でくつろいでいると、母から電話があり「今、何処にいるの?」と。
母は19日が金曜日だと勘違いしていたらしい。
19日の金曜日と言われていたら気付いたのだが・・・次からは曜日も聞いておこう(^_^;

そんなことで、19日の昼は映画(長井龍雪監督作『心が叫びたがってるんだ。』)の予約を入れていたのは勿体ないので1人で観に行った。
オチやエンディングはさすが長井作品で期待を裏切っていなくて、『あの花』を超える出来に大満足でした。
ただ今年の公開アニメとして、映像表現含め『バケモノの子』には、わずか及ばないかな?

20日は部屋の片付け。

21日は兵庫まで従姉妹のお見舞いに行った。
調子の波が激しく、悪い時はベッドから起き上がれないと聞いていて心配したが、この日は既に先客(関西の癌コミュニティーの方らしい)と談話室にいた。
点滴も無く、自力で歩けるし、食事も取れているようだった。
座るとお尻に痛みが出ることもあるようだが、事前に聞いていたよりも元気そうで安心した。
他人の心配をしている余裕はないだろ、と言われそうだが・・・。
小一時間ほど話をし「お互い頑張ろうね」と約束して帰った。

22日も部屋の片付けで23日に帰っていった。

どうせ来月の11日にはこちらが帰るのだから、部屋の片付けと従姉妹の見舞いに来ただけのようなものだ。
お伊勢参りも考えたが、人が多いのは嫌らしく却下された。


今回、母へ障害年金の話しをしたところ、社会保険労務士になった同僚がいると聞きネットで調べたら、その方は福岡県社会保険労務司会に所属していてまだ近くに事務所を構えているようだった。
帰ったら、早速伺って相談してみよう。
  1. 2015/09/24(木) 10:32:31|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

診察

今日は退院から1週間後の通院。
予約は14:28になっていたけど、9:00に家を出て病院へ。

受付をして採血をしてもらい、待ち時間でコンビニへ行ってサンドイッチを買って遅い朝食(ブランチ?)。
ついでにフロセミドを服用。

診察は食道静脈瘤のことを少しした後、今後の治療をどうするか?だが、主治医はイリノテカンのみを提案。
前の病院でアバスチン+イリノテカンの点滴とTS-1の服用で効果は見られたが、再発には効果が薄いとの判断で止めになった。
今の病院の主治医はまだチャンスがあると判断しているらしく、静脈瘤の件で止血を阻害するアバスチンは止めて、イリノテカンのみ2〜3週間毎を考えているとのこと。
特に反対する理由はないし、主治医を信用することにしているので、即座に了承した。

初回は入院で様子を見るようで、9月29日から10月1日まで2泊3日の入院をすることになった。
・・・また月を跨ぐのかorz
  1. 2015/09/16(水) 21:23:32|
  2. 予後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東京遠征

昨日は東京まで遠征。
土曜日の24:00に名古屋駅から高速バスに乗って練馬まで。

余裕を持って、ちょっと早く名駅に着いたので、まだ開いていたマックで時間をつぶそうとイートインでレジを済ませたのが23:05くらい。
開いているテーブルに座って食べ始めたとたん、店内に蛍の光が・・・レシート見ると営業時間は23:00までとなっている。
23:10には店員がまわって来て閉店だから出てくれと言われた。
・・・じゃあ、注文時点で「店内でお召し上がりですか?」って聞くなよ!!
普段はスタバがメインでマックに入ったのは数年ぶりだが、もう行くことはない。

高速バスは4列シートのみの設定で安かったけど、ちょっと窮屈なのと1時間おきに停車してちょっとだけ明るくなるので、あまり熟睡は出来なかったorz
でもある程度予想していて昼間に寝ていたので、それほど眠くはなかった。

練馬のバスターミナルが駅から距離があり、かなり歩いたので、待ち合わせの練馬駅までちょっと時間がかかった。
次回は東京駅で降りて鉄道に切り替えたほうが良さそうだ。

6:40前に練馬駅に着いて、新潟から来た同行の方と合流し、モスバーガーで4時間以上お喋りで時間つぶし。
話のネタはあるので、長時間でも全然大丈夫(私はね)。

次の待ち合わせは11:30に練馬区役所のロビー。
時間ちょうどくらいに着いたら、今回の主役の方が既にお見えになられていました。
ちょっと汗かいてて辛そうでしたが、予約して頂いた20階の展望レストランへ。
眺めは最高でした。

バイキング形式でサラダとドリンク、それとカレーライスが食べ放題、メインにドリアを注文して1,240円(1割引で1,116円)だったから、かなり安い。

ここでは3人で4時間近くお喋りをし、楽しい時間が過ごせました。
でも、体調が万全ではない中、長時間付きあわせちゃったかな?と反省。

またの再会を約束し、帰路につきました。

2人からお土産も頂きました。
今回は本当にありがとうございました。
  1. 2015/09/14(月) 11:33:57|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

会社とのこと

昨日のことになるけど、退院翌日から出社。
まだ血が足りないのか、血圧は上が100以下と低めだが平常時心拍は70pbmまで落ちてきたので無理しない程度の業務は問題ないと判断した。
座った状態から立ち上がると、軽い立ちくらみがしたので、殆ど座ったままで。

所属長から今後の業務について聞かれたので、こちらから退職について相談をした。
会社としてはまだ働けると思っているようだったが、今現在は大丈夫でも、また何時同じようなことが起きて長期離脱しないとも限らないし、周囲に気を使わせたり心配させることになるので、ここらが潮時と伝えた。
20~30分間程度、上司を含めた話し合いで理解頂けたため、退職日を10月2日Friか、その翌週の9日Friで退職届を提出するつもりで考えていた。
そのことをすぐに本社(親会社)の総務へ相談したようで、早速社長やお世話になった常務らが話し合ってくれた結果、本社からの回答は思っても見なかった好条件を出して頂けた。

今住んでいる社宅扱いのアパートは10月10日に立会いで引き上げ、福岡の実家へ帰ることとなった。

営利を求める中小企業(みなし大企業)にあって、退職の意向を示した一社員に対して、厚遇を出して頂けるとは思っても見なかったので、本当に驚いたし嬉しい。
ありがたくて、涙が出そうになった。

今後は本社へ足を向けて寝れないよ。
  1. 2015/09/11(金) 17:26:56|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

退院

本日、無事に退院しました。

次の患者の入院都合で、なるべく10:00くらいまでにはベッドを開けなければいけないので、ちょっと早起きした。
・・・前日検査入院してきた隣の爺さんが、夜中の3:00くらいまで鼻歌を歌っていて眠れなかったので、ちょっと寝不足気味だ凸(ーーメ

朝起きた時点では、外はそれなりに風と雨で台風らしかったが、病院を出る10:00の時点で風はあるものの雨は降ってなかった。
荷物も多いし、あまりにも酷いようならタクシーも考慮に入れていたから、電車が使え安く済んで助かった。
東の方に暗い雲がかかっていたので、台風は三河の方へ行ったのかな?
近鉄で四日市に向かう途中に雨の区間はあったが、四日市付近では晴れ間が覗いていた。
(腹水と思われる)ややお腹が張り気味だが、フロセミドはちゃんと効いているようで、我慢できずに途中下車してトイレへ行った。
このまま徐々にでも良いから、ウェストが減ってくれることに期待。
それに、食事が普通に取れている時点で大丈夫だと思うことにする。

今後の治療方針は気になるが、今は無事に生還できたことを喜ぼう。


転院が8月31日で、その日に色々と検査をして頂いたのだが、医療費は21,600円に僅か届いていなかった。
8月は通院で既に高額医療費適用に届いていたが、入院は別なのでその分は適用外(自己負担)となる。
救急搬送も25日の23:00前に119番したにも関わらず、病院へ着いたのは26日の0:07だったから、僅か数分の差で入院日数が1日少なくなり生保からの給付金が減ってしまった。
以前も同じようなことはあったが、上手くいかないものだorz
  1. 2015/09/09(水) 22:27:11|
  2. 予後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

検査結果

今日の午前中に、内視鏡の検査を受けた。
「前回の治療に使ったものより細いタイプです」とは言っていたが、十分に苦しかったです(T_T)
これ以上の太さって・・・どうりで麻酔使って眠らせてから行う訳だ。

終了後ちょっと待たされ、検査をしてくれた消化器内科の先生から説明を受けた。
内視鏡の画像を見せて頂きながら丁寧な説明をして頂いた。
前回処置を行った食道静脈瘤の3箇所については問題なく消えてかさぶたのようになっていた。
ただ、悪化するかもしれない血管の浮き上がりはあったが、今は処置をする程ではないみたい。
今後は2〜3ヶ月おきに内視鏡の検査を受け、必要に応じてその場で処置を行うとのこと。

次回の予約は11月24日Tueでお願いした。
この時期は間違いなく福岡に帰っているから、早目に高速バスの予約を入れておこう。

気になっていた原因だが、門脈の血圧が上がった原因は、以前使っていた抗がん剤のオキサリプラチン(エルプラット)で同様の副作用が報告されているので、恐らくはオキサリプラチンによるものだろうと考えているらしい。
今はもう使っていないが、最後に使ってから3ヶ月くらいなので、つじつまは合うな。
あと、止血を阻害するアバスチンもよろしくないが、それでは抗がん剤治療に支障が出て本末転倒になりかねないので、主治医と話し合って欲しいと言われた。

あ、結局の結論として、予定通り明日に退院となりました。
10:00までにベッドを開けなきゃいけないんだけど、天候次第では帰れないかも(^^;;

多くの方にご心配おかけし、励まして頂きました。
おかげで今回もまた、何とか生還することができました。
本当にありがとうございましたm(_ _)m
  1. 2015/09/08(火) 22:56:51|
  2. 予後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日と今日

昨日は午前中から多くの方にお見舞いに来て頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

あまり変化の無い入院において、とても楽しい時間が過ごせました。
良い気分転換にもなるし励ましても頂き、頑張る気力が湧いてきました。
お土産もたくさん頂き、本当にありがとうございましたm(_ _)m
相変わらず、私が一方的に喋っていましたが(^^;;


今日は誰も来ない静かな一日でした。
点滴が無くなったら、看護師さんすら来てくれない(T_T)

昼から全粥にステップアップし、明日はようやく白米が食べられそう(^_^)
ちょっとおかずの量がおおい気がするけど、頑張って完食。
既に病院食の3食だけでも1,700kcalを超えている。
全く運動しない環境なので、これでちょうど良いカロリーになっているようだ。
日課としているコンビニのシュークリームやエクレアやジュースを含めると、明らかにカロリーオーバーだ〜orz
食欲があるのは良いことなんだろうけど、少し節制せねば。

そう言えば、看護師さんに「甘いもの食べ過ぎて、糖尿病にならないよう気をつけてね」って、言われてたな。
  1. 2015/09/06(日) 20:27:23|
  2. 予後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ステップアップ

今日は昼食から3分粥にステップアップ、とはいえ、まだ重湯に近い・・・orz
でも、おかずは普通食と大差無いので、以外と満足。
1週間以上の絶食のせいか、今までよりも一度に食べられる量は減った気がする。
胃が小さくなったのかな?

看護師さんの話だと、点滴は明日で終わりになるそうだ。
もう点滴棒無しでも歩くの大丈夫だから、かなり嬉しい(^_^)

夕方、癌友さんがお見舞いに来てくれた。
とても嬉しいです(o^^o)
私の方が一方的に話した感じで1時間以上、予定していた時間をオーバーしてしまったようで、ごめんなさい。
それとお土産のプリン、たいへん美味しゅうございましたm(_ _)m
これで暫くはコンビニのプリンが物足りなくなりました。

大元の原因である癌の治療がどうなるのか一抹の不安を感じるが、取り敢えずは無事予定通り退院できることを考えよう。
  1. 2015/09/04(金) 23:07:16|
  2. 予後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

重湯とプリン

予定通り、今日の昼から食事が出た。

昼は重湯と麩の入ったおすまし、それと牛乳で180kcal。
久しぶりだったので、重湯ですら美味しく感じた。
この時もらった予定表には夕飯にプリンが付いている・・・。
早速、看護師さんに確認したら、メニューにあるものは食べても良いらしい。
で、早速1Fのコンビニでプリンを2個買って来た(^_^)

夕飯は重湯と卵スープとプリンで183kcal。
「カロリー足りないだろ」と思いながらも、美味しく頂きましたm(_ _)m
ちなみに、コンビニで買ったプリンは196kcalと272kcalだった(^^;;
糖尿病にならないよう、気をつけなきゃ。

夜に主治医が来てくれ、退院の翌週に血液検査などし、今後の治療(抗がん剤)についてどうするのか打ち合わせしたいらしい。
利尿剤のフロセミドは今日の昼から再開して服用した。
トイレの頻度が増え、このペースだとお腹の張りも徐々に解消できると思う。
ただ、今回の吐血の大元の原因がゼローダやアバスチンならば、抗がん剤の変更になるんだろうな。
大した副作用もなく、3週間おきの点滴と朝夕の服用だけで現状維持してくれた武器を諦めざるを得ないのなら、とても悔しい・゜・(ノД`)・゜・。

20:30頃、別居中の妻が病室に来た。
まだ部屋に大量の荷物を残し、床に散乱させたまま千葉へ行き、また回収に来るとは言っていたが、先に私の母がそれを見てあまりの酷さに片付けさせるため呼びつけたようだ。
3DKだが、居間として使っている部屋以外は足の踏み場もないくらいだったので、母の怒りも仕方ないだろうな┐( ̄ヘ ̄)┌
今回の顛末から遺族年金のことや今後子供たちにかかるお金のことなど話したが、真剣に話をしていると段々と腹が立ってくるような内容だったので、適当にあしらって消灯時間の22:00で帰した。
別居で別家計になっている時点で遺族年金は妻に受け取る権利はなく、現時点で可能性があるのは福岡で同居する息子だけの筈。
遺族年金のために離婚ではなく別居を選択した訳だが、それができないなら離婚の方がスッキリして良いが、お金が絡んでいるだけに相手もなかなか引き下がらないな。

まだまだ解決には時間がかかりそうだ。
  1. 2015/09/03(木) 23:59:28|
  2. 予後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

順調に回復?

今日も一日絶食だったが、それにも慣れてきた。
大部屋なので配膳時には匂いがするけど「後、数日の我慢」と耐えている。
予定通り明日から重湯から慣らしていくようだ。

食道に処置したので喉にちょっと痛い違和感があるが、これは処置に使った内視鏡が太いためだと言われた。
処置した箇所は、みぞおちの少し上の部分らしいが、そこに違和感など一切感じない。

夕方に直属の上司が見舞いに来てくれた。
名古屋在住の方なので、帰りついでかな?
雑食なのは伝えてあったので、手土産はバスタオルを頂いた。
明日からシャワーを使う予定なので、ちょっと有難い。
仕事の話を少しと雑談で小一時間ほど。
そう言えば、誰から聞いたか、家族のことを知っていたな。
私から喋ったのは数名の筈だが『人の口に戸は立てられぬ』だな。
何れ知れることだから、もうどうでも良いが。

その後、消化器内科の医師が来られ、来週の火曜日に胃カメラで確認し、問題無ければ翌日の退院の予定らしい。
抗がん剤の影響と思われるが、血の状態が良く無いこと、今後吐血した際は即座に救急車を呼ぶようにとか。

実は今一番気になるのは、徐々に増えつつある体重とお腹の張り、恐らく利尿剤を1週間以上絶っているから腹水が溜まっていると思うが、このままでは昨年のように苦しくなるところまで増える気がする。
食事と同じく、利尿剤の服用も許可が出ると良いのだが。
ゼローダは血の状態を悪くするので、再開は慎重になると思う。

まだまだ心配ごとは多いな(-。-;
  1. 2015/09/02(水) 21:31:28|
  2. 予後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食道静脈瘤の処置

先日説明を受けていた食道静脈瘤の処置を行って頂いた。

時間は決まっていないが、午前中なので準備しておくよう看護師に言われたが、呼び出されたのは12:30で、少々待ちくたびれた。
普段、内視鏡の検査を行う検査室で処置のようだ。
ベッドに寝かされ、喉の麻酔だか苦い粘稠液体(歯医者さんが使う麻酔注射の匂い)を口の中に入れられ5分後に吐き出したところで医師が登場、横向きになり口にマウスピースをはめテープで固定した後、麻酔薬(睡眠導入剤?)が入ったところからの記憶は無い。
動脈から入れる麻酔らしいが、プロポフォールほど強い薬ではなく眠くなる程度で、途中の意識は薄っすらとあるようだが、私の場合は熟睡してしまったようで途中の記憶は全く無い(^^;;
看護師さんに起こされ、車椅子に乗り部屋まで戻って終了。

多い人だと10カ所以上に処置をするようだが、今回の私の場合は3カ所のみだったようだ。
ただ、2ヶ月おきに同じように確認と処置をしなければいけないみたい。

しなきゃいけない事は増えたが、生きるためには仕方ないよね。
  1. 2015/09/01(火) 23:46:13|
  2. 予後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。