ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりのケモ

退院以降、暖かいコメントを頂いていながら返信が出来ずにいました。
本当に申し訳ありませんm(__)m


退院して自宅に戻ってからの体調は決して良いものではなく、胸部にある腫瘍の影響か肋骨に圧迫されるような鈍い痛みがあり、横になって十分な睡眠が取れないことから生活のリズムがズレまくってました。

それと胃が小さくなったような感じで1回あたりの食事が十分に取れず、体重は53kgから増えない状況(入院前は64kg)。

相変わらず毎日8時間おきのロキソニンを欠かせず、飲み忘れると38℃あたりまで発熱する。

更には先週の11月28日Monに隣県の病院に肺のことで聞きに行ったセカオピで、それまで聞いていたことと正反対のことを言われ、かなり凹んでいました。
いまどき、癌患者本人に癌の告知を行わない医師がいるなんてことを想定していなかったわ。

と、色んなことがあって殆ど外出もせずに引きこもっていました。


今回はサードラインとなる抗癌剤の初回という事で、大阪の病院まで。

予約時点では初回は12月8日~9日の1泊入院だと聞いて準備して行ったけど、結局は日帰りで終了して急遽ホテルやフェリーの予約を変更して、現在は瀬戸内海の洋上を移動中。

血液検査の結果は問題なかったらしく(結果一覧はもらえず)、今回は左肺の下に溜まった胸水を抜いた後、そこに抗癌剤を入れることになった。

ベッドに座った状態でベッドテーブルに覆い被さるような体勢で、制吐剤と輸液の点滴をしながら背中側に穿刺をして胸水を抜いた。
最初は1,000mlと言っていたが、あまりにも良い感じで出ているらしく、途中から苦しくなって咳き込むまでに変更され、1,100mlで終了。
ちょっと咳を我慢したのもあって、咳が出始めた時は息苦しくてかなり苦しかったが、すぐに抗癌剤が点滴じゃなく注射で入ってきたら息も楽になった。
胸水があった箇所に抗癌剤を入れるのは理にかなっているとは思うけど、この抗癌剤はちゃんと排泄されるのだろうか?
普段より多めに水分補給をしなきゃ。

次回以降は他の抗癌剤と同じように腕から点滴で入れるようだ。
ただし2週間おきではなく1週間おきのようで、予約票は12月29日, 1月5日, 1月12日となっている。
ウイークリーマンション借りようかな?

現在の体調は、胸水が無くなった事でちょっと歩いただけで息切れすることもなく、食事も今までより多少は多く食べられるようになって良い感じだ。

この抗癌剤が長く効いてくれることを信じて頑張ろう。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/12/08(木) 23:37:49|
  2. 抗癌剤
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。