ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明日退院

1/11Wedに予定していた左胸水の抜き取りは、エコーで確認したら穿刺する場所が無くて中止となった。

以前から指摘されていたことだが、肝臓と脾臓の肥大化が止まらず、今やこいつらが肺を圧迫するほど上へ進出して来ているらしい。

9月の手術後からお腹の張りがあって食事が満足にとれていないのは、これが原因のようだ。

で、とりあえず出来る処置はやってしまったから退院となった。


今回の入院で食事量の件からお腹の張りが痛く辛いことを伝えたら薬が出た。

朝晩のMSコンチン10mgだけど、かなり痛みが緩和されて良い感じだ(^_^)

最初、薬の内容的には抵抗があったけど、眠れないほどの痛みがあるのは耐えられない。

まだまだ頑張れそう。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/13(金) 18:51:40|
  2. 腹膜播種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

まだ入院中

まだ入院中で退院の話は出ないけど、今週末くらいには退院できるんじゃないかな?と思っている。


今までの経緯を簡単に。

年末に胸水が溜まって苦しくなり、12/26Monに緊急外来を受診した。
レントゲンで両方の肺に胸水が溜まっているらしいけど、右のほうが多いのと、左は大阪で抗癌剤を入れたことから手をつけないことになった。
右肺だけで1,000ml足らずを抜いて終了。
この際、主治医から血中酸素が低いから在宅用の酸素を勧められたのでお願いした。
早速、夜に帝人の方が来られて在宅用の酸素発生装置と外出用のボンベについて説明し置いていった。
以降、24時間酸素吸入している。

12/29Thuは大阪。
レントゲンを撮り両肺に胸水が溜まっていると言うことで、両方共に抜き、抜いた所へ抗癌剤を半分ずつ入れた。
今回の抗癌剤は静注だと聞いていたけど。
大阪へは車に予備のボンベを積んでフェリーで行き、帰りはフェリーの予約が取れなかったから妹が運転して帰宅。

大晦日の夜、風呂を出た辺りから心拍数が上がり140bpmから下がらなくなった。
安静にして様子を見ていたけど下がる気配がなく、胸が苦しく身体も疲れてきたので1/1Sunの1:30くらいに救急車を呼んだ。
かかりつけの病院は市外だが、事情を説明すると行ってくれた。

年末年始だし深夜だから、さすがに若い医師の応急処置だけかな?と思っていたら、運良く呼吸器の処置が上手な先生が当直でいてくれた(^_^)v
レントゲンやエコーでの確認結果、右肺に溜まった胸水を抜き、そのまま胸膜と肺を癒着させる事になった。

胸水の出が少なくなった時点で癒着させる薬を入れ、その後も胸水はほとんど出ないので、一昨日にそれまで挿しっぱなしだったドレインを抜いて縫って終了。
今は抜糸待ち。

ただ左肺の胸水が多いようなので、明日抜く事になった。

大阪へは1/5と1/12の予約だったけど、共にキャンセル。
退院してから予約の電話を入れる事にしよう。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
  1. 2017/01/10(火) 22:05:05|
  2. 腹膜播種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あけましておめでとうございますm(_ _)m

年明け早々、救急車に乗って病院に来たら入院することになりました(>_<)
  1. 2017/01/01(日) 04:33:15|
  2. 腹膜播種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。