ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

癌は遺伝性?

癌は遺伝するのだろうか?

私は42歳で直腸癌に罹患した。しかも既に他臓器(肝臓)へ転移した状態で見つかっている。

父は55歳の時、結腸癌で手術をした。
かなり発見が遅くて腫瘍が大きく腸閉塞を起こしかけていた(間もなく起こした)ことから担当医は手術不可能の診断をしたようだが、県内の大学病院から来ていた若い医師が手術を引き受けてくれたと聞いている。もう15年近く前のことだ。
手術では結腸を30cm切って腫瘍の大きさは直径5cmもあり、リンパにも転移が見られ2個ほど切除したと聞いた。
当時、家族や親戚の誰もが「もうダメかもしれない」と思っていた。それが運良く、その後の転移が全く見られず今現在70歳で元気に働いている。
普段から多少具合が悪くても会社に行くような人で、若い頃は残業が200時間/月をゆうに超えていたそうだ。私の見舞いに来てくれた時も「明日仕事で休めないから」と言って顔出し程度で帰って行った。所謂“何より仕事が大事”な人間である。
私が父に「直腸に癌が見つかった」と報告した時、「何故、もう少し早く検査にいかなかったんだ!」とかなり怒られたが、まさに「お前が言うな!!」と思った。

また父と妹には扁桃腺に腫瘍があり、妹のはやや大きくなり“悪性とは言い切れないが、黒に近いグレー”と言われたらしく数年前に切除手術を受けている。父は放置。私も前々回のCTの際「扁桃腺に影が見られるがそれ程大きいものではないので、しばらく様子を見ましょう」と言われ、父と妹の話をしたら「じゃあ、大丈夫でしょう」で終わった。

父方の祖父は胃癌、母方の祖父も若くして胃癌で命を落としたと聞いている。二人とも私が産まれる前に亡くなっている。

これらを担当医に話したら「消化器系の癌になる家系ですね」と笑われた。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/12(火) 23:42:31|
  2. 直腸癌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<化学療法の効果 | ホーム | 化学療法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaa03642.blog.fc2.com/tb.php/10-fe995442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。