ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かぐや姫の物語

小学校4年生の娘と観に行ってきた。

スタジオジブリで監督は高畑勲、原作は誰もが知る『竹取物語』だ。
上映時間は120分を超えていたが、それを感じさせないくらい展開が良く、むしろエンディングで「え、もう終わり?」って思うほど。
全体の流れは原作通りだが、所々に高畑勲らしい色つけがなされていて子供から大人まで(解釈は異なるかもしれないが)楽しめるようにしてあるところはさすがだな。

CG全盛のこの時代に、恐らく1枚1枚丁寧に手描きで作られたと思われる画は暖かみがあり、かつての『まんが日本昔ばなし』を思い起こさせるような古い技法だけど、何だか新鮮な感じがした。

スタジオジブリは宮崎駿と高畑勲意外の監督は明確にレベルが低いので、まだまだ頑張って欲しい。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/24(日) 18:39:20|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<小鳥遊六花・改〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜 | ホーム | 副作用軽減>>

コメント

かぐや姫、見ましたか?
早いですね!
僕も今週末に行こうかと思っています。ある意味、風たちぬより期待してます。^ ^
  1. 2013/11/28(木) 12:46:54 |
  2. URL |
  3. 京 #-
  4. [ 編集 ]

京さん

期待以上に良かったですよ。
内容もさることながら、画的に懐かしい感じがあって見入ってしまいました(^_^)

私の行きつけ映画館では、早く観に行かないとすぐに100席程度の狭いシアターになってしまうのです。
できたら300席くらいの大きなシアターで観たいので、上映からすぐに観に行くようにしています。。
  1. 2013/11/29(金) 09:53:04 |
  2. URL |
  3. 毒遊 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaa03642.blog.fc2.com/tb.php/106-d876a197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。