ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

入院3日目

昨日は特にすることもなくて暇だったが、早速会社の部下たちが見舞いに来てくれた。
直属の部下が3名いるのだが、その内の2名が午後、別々に来て病院内で偶然落ち合った。
どうせなら申し合わせて一緒に来れば良いのに・・・仲悪いのか?
来てくれて嬉しかったが、ちょっと複雑な心境だ(^_^;


今日は11:00から主治医による手術説明があり嫁と実家から母が来て立ち会った。
腫瘍の状況から手術の予定を分かり易くイラストを描いて説明してくれた。

一昨日に撮影した造影CTでは腫瘍はやはり大きくなっていたようだが、肺や肝臓など転移は見られないらしい。
再発部の直腸と癒着していると判断される小腸、その周辺部をごっそり除去するが、何処まで切るかは中を見るまでわからないとのこと。
予想される術後の後遺症や合併症などを丁寧に教えてくれた。
どんな結果でも受け入れるつもりで来ているので、何れも恐れるものでは無かった。
今後の生活に多少の不具合が生じようとも、命には換えられない。
意外だったのは開腹手術だと思い込んでいたが、余程のことが無ければ腹腔鏡だけで行うことは嬉しい誤算だ。
手術内容は『腹腔鏡下直腸内肛門括約筋切除・人工肛門増設』となっている。
術後の回復が早いに越したことはない。

明日の朝から絶食で手術の準備だ。
頑張ろう。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/06(日) 21:17:39|
  2. 直腸癌局所再発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<入院4日目(手術前日) | ホーム | 入院>>

コメント

いよいよですね。
手術、腹腔鏡で行われるのですね!いいな~。
最初から腹切りだった私にはうらやましいです。
やはり術後の回復は、開腹に比べると早いようですよ。うっしっし、次の日から歩け~!(悪魔)
手術の成功と、一日も早い快復をお祈りしています!
  1. 2014/04/07(月) 14:43:18 |
  2. URL |
  3. harusame #C9eFVYxM
  4. [ 編集 ]

harusameさん

開腹に比べて腹腔鏡は術後の回復が早くて助かりますね。
手術時間はかなり長くなるようですが、患者は麻酔で寝ているだけなので、さほど影響なし(^_^;

こちらでも翌日から歩かされそうですが、尿管をすぐに抜かないようなので、トイレの心配はないみたいですね。
でも、早く治すために頑張って歩きますよ!!
  1. 2014/04/08(火) 06:39:23 |
  2. URL |
  3. 毒遊 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaa03642.blog.fc2.com/tb.php/133-6c2cca97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。