ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぼくたちの家族

昨日は仕事が終わってから、久しぶりにレイトショーを観に行った。
毎週月曜日はメンズデイで男性のみ割引の日だけど、消費税アップにともなって鑑賞料金が1,000円から1,100円になっていたのがちょっとショックだ(T_T)

ただ、いつも行く映画館では身障者用のトイレがあり、ちゃんとオストメイト用も完備さてて立ったままパウチの処理が出来るので助かる。
身障者用でも車いすのままは入れる広いだけのトイレだと、オストメイトにとっては普通のトイレと変わらない。
それほどスペースを取るわけではないので、是非とも増やして欲しいものだ。

食後は出る量も増え、処理に行く必要があるかもしれないので、上演前には出来るだけ食べないように。


映画は母が急に脳腫瘍で余命1週間と診断され、それほど仲が良くなかった家族の心がひとつになり何とかしようと悪あがきをする話。
決して現実離れしたストーリーではなく、当の患者である母(原田美枝子)は脳疾患で病気の恐怖を殆ど感じることなく過ごしているところで、患者の立場から観ることは出来なかったが、自分が主人公(妻夫木聡)の立場だったら同じことをしているだろうな、と思いながら観ていた。
最初は頼りない父やかなり軽い弟だったが、最後はちょっと格好良かった。

良い作品でした(^_^)
スポンサーサイト
  1. 2014/05/27(火) 19:09:36|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<抜歯 | ホーム | 消化器外科&ストーマ外来>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaa03642.blog.fc2.com/tb.php/148-9bb27e8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。