ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

先週のこと

先週はやはり、かなり凹み気味でした。

5/20Wedは延期となっていた抗癌剤の治療予定だったが、先週と同じく白血球が2,500→2,900とやや回復しているものの、血小板は61,000→41,000と2/3に減少。
結局、更に延期となった・・・orz
原因や対策は特に無いようで、体調によるものだろうと言われた。
XELOXのオキサリプラチン抜きについて聞いてみたが、オキサリプラチンで手足の痺れが後遺症として出ることは殆どの患者で見られ、しかも永続性が高く、これが悪化してから残ってしまうとQOLを著しく低下させることになるので、一時的に休薬して様子見し、痺れが軽減するようならば再開するとのことだった(診察費2,230 + 薬代880)

5/21Thuは午後から泌尿器科で3カ月おきのステント交換。
さすがに施術中は痛くてたまらないが、15分間程度で終了。
その後、丸2日間くらいは排尿の際に痛みと血尿があり、実際はこちらの方が辛かった。(治療費20,030)

5/22Friは普段通り会社へ行き、昼過ぎから寒気を感じていたが、午後は会議なので我慢して過ごす。
終了間際で額を触ると、明らかに熱い。
就業後、嫁に迎えに来てもらい帰宅し熱を測ると、やはり38℃以上の発熱。
どうやら風邪を引いたようだが、その日は温かくして寝た。
朝に熱が下がっていなければ病院へ行こうと思っていたが、朝は35.9℃と下がってくれていたので、週末は無理しないようにした。
白血球が下がっていることが原因かな?今後は注意せねば。

今日は実務が忙しく、殆ど事務机に戻れず立ち仕事。
ちょっと右手に負荷のかかる力仕事をしたら、午後から右手をちょっと動かしただけで攣って痛い。
脚もふくらはぎが張った感じなので、寝ている時にこむら返りで悶絶して目を覚ます可能性大だな(^_^;
スポンサーサイト
  1. 2015/05/25(月) 15:37:56|
  2. 腹膜播種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<またまた中止(延期) | ホーム | 訃報>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaa03642.blog.fc2.com/tb.php/206-2c2c3111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。