ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

転院完了

コメントを沢山頂いていますが、個別への返信出来ていません。
ごめんなさいm(_ _)m

昨日は朝の採血結果がやはり思わしくなく、翌日の転院の移動中に食道静脈瘤が破裂して吐血した際は命に関わるらしく、午前と午後に輸血をそれぞれ400mlずつ行った。
何度か手術は受けているものの輸血は初めて。
肝臓の右葉を切除した後に血小板だけの成分輸血をしてはいるが、赤い他人の血が自分の身体に入ってくるのは、ちょっと複雑な気分だった。
・・・この血が、若くて可愛い女の子のものであることを祈った。

今日は鈴鹿の病院を9:00頃に出て名古屋のかかりつけ病院へ。
意外にも渋滞などなく1時間ほどで着いた。
週の頭の朝だけあって、入退院受付の待ち時間は30分間以上と大盛況。
病室は今までと同じ消化器外科の大部屋だ。
担当の看護師さんはお休みのようだが、顔馴染みの方が気安く声を掛けてくれるのが心地良くて落ち着く。
点滴入れたり造影CT撮ったり心電図とか、全部終わったのが14:00くらい。

数日前から気になっていた事に、お腹が張り気味なのがある。
今回の体重測定で63.9kgだったが、救急搬送された日の朝で61.6kg、その後は点滴のみで何も食べてないから、体重は増えるはずない。
入院中は処方された薬(利尿剤)を飲んでいないので、腹水が溜まりつつあるのだと思う。
薬剤師や医師に伝えたが、今はそれほど心配するレベルではないらしいので、先ずは今回の処置に専念しよう。

特にすることは無いし、あまり歩き回らないように言われているので、ベッドの上で大人しく。
早速見舞いに来てくれた方と小一時間ほど話ができたのが、いい気分転換になりました。ありがとうございましたm(_ _)m

20:00ころ消化器内科の先生が来られ、今回の症状や明日の処置方法について説明を受けた。
何らかの影響で肝臓への門脈の圧力が上昇し、そのせいで食道に静脈瘤が出来、それが破裂して出血したようだ。
原因究明や根本の対処法はこれからみたいだが、取り敢えず今出来ている食道静脈瘤の処置を明日行う。
説明だと、内視鏡(胃カメラ?)使って静脈瘤の根元を輪ゴムで縛ると、数日で腐り落ちて無くなるらしい。
「えぇ〜、また胃カメラ飲むの?(°_°)」と思ったら、処置中は静脈から麻酔を入れて眠らせてからと聞いて一安心(;^_^A
術後翌日くらいからは食事も出来るようで、最初は重湯からだと思うが、ようやくこの空腹から解放されるのかと嬉しくなった。

先ほど、主治医の先生が顔を見に来てくれた。
長い手術の後のようで、疲れた顔していた。
忙しいのに、ありがとうございますm(_ _)m
スポンサーサイト
  1. 2015/08/31(月) 21:31:23|
  2. 予後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<食道静脈瘤の処置 | ホーム | 空腹痛?>>

コメント

お疲れ様、早く食事が出来ますように・・・・・。
  1. 2015/08/31(月) 23:10:40 |
  2. URL |
  3. あんぱん父さん #-
  4. [ 編集 ]

ASUMIITE

毒遊さん。
こんばんは〜ペコです。

無事転院されたとのこと。
良かったですね。安心しますね。

まだまだ処置などで落ち着かないと思いますが
体調改善されたら、ASUMIITEというナノバブル水素フコイダン水…試してみられたらいかがでしょう。
少しお高いですが、推奨されてるDr.もいます。
  1. 2015/09/01(火) 00:42:05 |
  2. URL |
  3. ペコ #-
  4. [ 編集 ]

ASUMIITE

ちなみに私も飲んでいます。(#^.^#)
アスミーテ。

オフ会の時、毒遊さんが飲んでると仰っていた
富良野にんじん100も購入してみましたょ。
毎朝、ヒューロムのジューサーでフレッシュジュース作るのでなかなか飲む機会ないのですが
濃いですね。
  1. 2015/09/01(火) 00:50:13 |
  2. URL |
  3. ペコ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaa03642.blog.fc2.com/tb.php/224-3e5193f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。