ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シルバーウィーク

シルバーウィーク中は母と息子が来ていて、一緒に過ごした。

来るのは19日と聞いていて、しかも名古屋着は22:00近かったので「息子の塾が終わってから来るのかな?」くらいに思っていたが、18日Friの22:00前に自宅でくつろいでいると、母から電話があり「今、何処にいるの?」と。
母は19日が金曜日だと勘違いしていたらしい。
19日の金曜日と言われていたら気付いたのだが・・・次からは曜日も聞いておこう(^_^;

そんなことで、19日の昼は映画(長井龍雪監督作『心が叫びたがってるんだ。』)の予約を入れていたのは勿体ないので1人で観に行った。
オチやエンディングはさすが長井作品で期待を裏切っていなくて、『あの花』を超える出来に大満足でした。
ただ今年の公開アニメとして、映像表現含め『バケモノの子』には、わずか及ばないかな?

20日は部屋の片付け。

21日は兵庫まで従姉妹のお見舞いに行った。
調子の波が激しく、悪い時はベッドから起き上がれないと聞いていて心配したが、この日は既に先客(関西の癌コミュニティーの方らしい)と談話室にいた。
点滴も無く、自力で歩けるし、食事も取れているようだった。
座るとお尻に痛みが出ることもあるようだが、事前に聞いていたよりも元気そうで安心した。
他人の心配をしている余裕はないだろ、と言われそうだが・・・。
小一時間ほど話をし「お互い頑張ろうね」と約束して帰った。

22日も部屋の片付けで23日に帰っていった。

どうせ来月の11日にはこちらが帰るのだから、部屋の片付けと従姉妹の見舞いに来ただけのようなものだ。
お伊勢参りも考えたが、人が多いのは嫌らしく却下された。


今回、母へ障害年金の話しをしたところ、社会保険労務士になった同僚がいると聞きネットで調べたら、その方は福岡県社会保険労務司会に所属していてまだ近くに事務所を構えているようだった。
帰ったら、早速伺って相談してみよう。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/24(木) 10:32:31|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鬼畜の鑑 | ホーム | 診察>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaa03642.blog.fc2.com/tb.php/235-abf3df9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。