ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2度目の手術後

2度目の手術(2012年1月25日Wed)をした後の入院について。

1度目(2011年6月22日)の消化器系である直腸の時とは異なり、点滴で栄養剤?を入れてはいるが、今回は翌日から普通の食事が出た。
傷口はかなり痛むが食欲はそれなりにあって、毎回ほぼ完食していた。
ただ、この病院の味噌汁は赤出汁しか出ず、さすがにこれだけは残した。この地に越して来て11年以上経つが、未だに赤出汁や八丁味噌はダメだorz
甘い味噌がかかった味噌カツや田楽も微妙だが、赤黒い味噌煮のおでんや味噌煮込みうどんはないと思う。
地元出身の看護師さんにこのことを話すと「赤出汁以外の味噌汁なんてありえません」と言われたが、全国的にはその発想がありえません(^_^;

点滴は両腕にそれぞれ痛み止め付きの点滴と血小板の輸血が入っていて、非常に動き辛い。

肝臓を2/3ほど切っただけあって、肝機能が低下してるための血小板輸血だが、術後より黄疸が出始め徐々に身体中が黄色くなり、特に3日目がピークで鏡で眼球の白目部分がかなり黄色くなっていたのを見た時は、かなり心配してしまった。
血小板が不足していて、必要分はギリギリで届くらしい。献血って大事なんだと痛感。

痛み止めは術後2日目に、血小板輸血は4日目、点滴は5日目、体液採取のドレインは6日目に外れ、かなり楽になった。
これでシャワーが使えさっぱり出来るかと思うとかなり嬉しい(^_^)v

外科病棟は若い看護師さんが多くてちょっとかなり嬉しい。新しい看護師さん(1年目?)はネームプレートに初心者マークがついている。
だが手慣れていない方もいて点滴の針を換えるのに何度も外してオロオロするのは、端から見てれば「ドジっ子ナース、萌え〜〜〜♡」とか思ったかもしれないが、当の本人はそれどころではない(-_-)

病室は4人部屋で、同室のお爺さん(病名不明)が、深夜だろうがほぼ1時間おきにナースコールをするのにはかなり堪えた。
この方だけ何故か電動ベッドだったり、簡易トイレを持ち込んで用を足すのでその都度臭いが・・・orz
ご家族(嫁と娘?)が毎日来るのだが、無愛想で周囲に挨拶は一切なく目が合うと睨み付けるような目で返してくる。私を含め3人とも「個室にでも移ってくれ〜」と思っていたら、さすがに病院側の配慮でナースセンター横へ行ってくれ、ようやく安眠できるようになった。

鳩尾から臍にかけて切った10cmほどの傷口の痛みはさすがにしつこく、日に日に良くなっていると実感できる状況ではなく、1週間経っても寝返りは無理で、起き上がる時も腹筋を使うと激痛があった。
前回は退院前には走れるほど良くなっていたが、今回は絶対に無理だとわかる。10cm程度でこれだから、腹腔鏡を使わない手術で30cmも切ったら・・・と考えるだけで恐怖だ。

入院中、普段はMacBook Airとネット環境があったし、あと音楽聴いたり読書したりで時間潰しには困らなかった。
とりあえず虚淵玄の『Fate/Zero』全6巻を読破。ただし前回は『涼宮ハルヒシリーズ』全11巻を読み終わっているので、ちょっとペースは遅い。傷口の痛みから読む時の体勢が限定され、長時間読むことが出来なかった。
なおDVDでお気に入りの『日常』を観たら、あまりの面白さで不覚にも笑ってしまい傷口が痛いので、これは止めにした。
あと見舞いに来てくれた母がいる昼間は、母と話をして過ごした。
今までこんなに長い時間の会話をしたことはない。
老人ホームに勤めていたから人が死ぬのは数え切れないほど目の当たりにしている筈だが(だからか?)、かなり心配してくれているのを感じ、さすがに申し訳ない気持ちで一杯だった。

自分自身は「取り敢えずこれで見つかった分の腫瘍は無くなった〜〜〜」と安堵感一杯で、この時点では今後の心配は皆無。お気楽な性格である。

1週間を過ぎた頃から特に治療をやるわけではなく、「もう退院できますよ」と言われたが、まだ傷口が痛くて外には出られそうになく自宅療養するだけになりそうなので、予定通り2週間は置いてもらうことにした。

その予定通り13泊14日の入院を終え2月6日Monに退院。96,883円(1月分)+72,325円(2月分)
スポンサーサイト
  1. 2013/03/13(水) 11:27:47|
  2. 転移性肝腫瘍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜間走行対策 | ホーム | 試写>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaa03642.blog.fc2.com/tb.php/34-9cc5dc9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。