ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

徐々に前進

昨日のはネタとして笑っていただければありがたいです。

今まで言われたことがないことを、この病院で4人の看護師から言われたので、おそらく引き継ぎなどの時にでも誰かが間違って多くの看護師に伝わったのかな?と思っています。

ただ、ちゃんと訂正した看護師からの2回目はちょっと笑えませんでしたが(^_^;


一昨日、術後に主治医とようやく対話する機会があったので、今まで聞きたかったことをまとめて聞いた。

お腹の張りについては、前日に撮影した単純CTの画像を見ながら、腹水, 切って繋いだ腸の浮腫み, 腸内のガスなどだった。

腹水だけでも抜けないか?には手術前のCTと比較して手術前に比べると明らかに少なく、あっても1,500mlだから劇的な変化は期待出来ないし、CT画像の比較や実際にお腹にエコーを当てて、今は左右ともに安心した針を刺せる場所が少なく、腹水の場所が数カ所にあるから、1ヶ所だけでは全てを出すことは難しいと言われ納得した。

心拍数が高いことに関しては、やはりお腹の張りに関連しているみたいだけど、すぐにお腹の張りに対処は難しいので、循環器の先生と話して対処法を出して頂くことになった。


とりあえずはアルブミンが不足していたのでアルブミンの点滴と、利尿剤で水を出したがあまり変化なし。


心エコーの結果から循環器の先生がカルベジロール錠2.5gを出してくれ、今朝飲んだら1時間後くらいからそれまで135〜140bpmだった心拍数が110〜120bpmに下がったのには驚いた。

このレベルならばかなり楽に過ごせるし、寝る時も熟睡出来そう。

ちょっと明るい光を感じた(^_^)


懸念材料も1つ。

昨日目覚めると股間に違和感を感じた。

触るとソフトボールより大きなハンドボールくらいの塊があったので中を覗いて目視確認したら案の定、陰嚢が膨れていた。

一晩で浮腫みから水が溜まったようだ。

驚いたけど、ちょっと笑ってしまった。

色んなことが短期間に起こるものだ。

主治医の意見は、心拍数の件から歩行訓練が不十分なのと、まだ食事が始まっていないから輸液の点滴に頼るため身体に大量の水を入れることが原因と言われた。

食事が始まり輸液の点滴を止めれば浮腫みの水は徐々に抜けていくらしいから、明日から食事をお願いした。

食べられれば良いけど。


腹の左右からドレイン、あと尿と未だ3本のホースが出ているのは鬱陶しいし、寝返りが打てないから、早く抜けるとありがたい。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/10/06(木) 21:49:50|
  2. 腹膜播種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<食事開始 | ホーム | この病院でこれだけは許せないこと>>

コメント

短時間でいろんなことが起きるから、短時間(起きるときよりは長くかかるけど・・・)で解決できるものと思いましょう(^_^)
寝て気持ちが落ち着いてきて、体も少しずつ動かせるようになればぐんぐん回復しますよ

まあそれまでが長いのは本当によくわかります
過ぎてしまえばああ、結構早く回復したなと思えても。

早く美味しくご飯が食べれるようになりますように
  1. 2016/10/07(金) 05:16:39 |
  2. URL |
  3. さえぐさ #-
  4. [ 編集 ]

昨日の看護師さんの話は笑ってしまいました。私もそんな事ありました。1日も早く食事ができるといいですね。
  1. 2016/10/07(金) 18:03:28 |
  2. URL |
  3. のりこさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaa03642.blog.fc2.com/tb.php/359-e87e90f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。