ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

腫瘍マーカー

今まで検査した腫瘍マーカーの推移。

2011年6月22日 直腸癌の切除手術(転移性肝腫瘍残)

2011年9月3日
CEA 3.7 (正常値 5.0以下)
CA19-9 51.5 (正常値 37.0以下)

2011年10月29日
CEA 3.4
CA19-9 50.4

2012年1月25日 転移性肝腫瘍の切除手術

2012年5月7日
CA19-9 85.8 → CT検査するも異常なし

2012年6月18日
CA19-9 51.3

2012年7月30日
CA19-9 54.8

2012年8月20日
CA19-9 1,497.2 → CT検査するも異常なし

2012年9月24日
CA19-9 134.9

2012年10月15日
CA19-9 53.8

2012年11月19日
CA19-9 39.7

2012年12月17日
CA19-9 45.3

2013年2月4日
CA19-9 45.0

2013年2月25日
CA19-9 35.3

2013年3月18日
CA19-9 43.9

主治医に頂いたデータだが手術前のが無いとか間が空きすぎているとかあるけど、これが全てらしい。

CEAは2回のみでどちらも正常範囲内だが、CA19-9は13回測って1度しか正常値が出ていない(それも僅かに基準を下回った程度)。
これに関しては主治医も明確な理由は分からないらしいが、自分は「体質かな?」くらいに考えていて、CTでは異常が無いので、さほど気にしないようにしている(既に慣れた)。

だが、2012年5月7日に85.6と上昇した時は転移か再発を疑い、CTの結果が出るまでは不安で「結果が悪かったら、今のうちに遺影を撮影しておこう」とか、ちょっとはネガティブだった。

さすがに2012年8月20日(前回から3週間後)に1,500近い数字が出た時は、思わず笑ってしまった。
数値の大きさから再検査を行い、同じような数値が出たらしいので主治医と看護師は神妙な面持ちだったが、当の本人は全く心配していなかった。CTの結果はやはり異常なし。
ただ、次回(約1ヶ月後)の測定でも134.9と高い値が出ているので、ちょっとは心配しておくところだったのかもしれない(^_^;

近頃は主治医もこれら結果を踏まえ「それ以外の検査結果に異常は無いし自覚症状も無いようなので、まあ大丈夫でしょう」と言ってくれる。

自分にとって、1ヶ月おきの腫瘍マーカーの数値の上下に一喜一憂しても意味は無く、3〜6ヶ月おきのCTやPETなど視覚的に確認できるものが全てだと思っている。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/21(木) 23:36:35|
  2. 予後
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<日帰り出張 | ホーム | サイクリング>>

コメント

マーカー、私のほうが低いかもです。
毒遊さんとは逆で、あまり反応しません。
再発のときもいつも基準値内で、画像でどんどん大きくなっても基準値内だったり(^^;)
主治医には反応少なすぎ!と言われました。
今はかろうじて動いてはいるんですが、信用できないなぁーなんて思います。
  1. 2013/03/24(日) 04:51:18 |
  2. URL |
  3. 緑緑*ryuryu #B6hI6adY
  4. [ 編集 ]

> 緑緑*ryuryuさん

私の主治医は「腫瘍マーカーはあくまでも目安で、数値の大小より過去の値と比較した数値の上下が大事、結局の最終判断はCTで」って考え方のようです。

数値が常に基準を上回ってること、多少は気になってます。
「何処かCTに写らない腫瘍が残ってるんじゃないか?」「今は抗がん剤で抑えられているだけ?」って・・・。
でも視覚的に確認されないうちは手の打ちようが無いので、気に病まないようにはしています。

“病は気から”ですから、ポジティブ思考で〜(^_^)
  1. 2013/03/24(日) 15:27:15 |
  2. URL |
  3. 毒遊 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaa03642.blog.fc2.com/tb.php/40-7813c45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。