ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

化学療法開始

予定通りちょうど2週間で退院できた。
家に戻ると愛犬がこれでもかって喜んで出迎えてくれたのが、すごく嬉しかった。

退院翌日の2011年7月5日Tueより早速の出勤。今までは片道4.4km以上を自転車通勤していたが、さすがにしばらくは電車で通うことにした。

7月7日Thuに来客があり、終業後は早速行き付けの居酒屋で飲み会。結構飲んだが、手術前と何ら変わらない状態で安心した。まだ肝臓に腫瘍が残っていることなど既に忘れている。

7月11日Monに通院し、診察と今後の化学療法に使う薬の説明、それと栄養指導を受けた。
化学療法にはアバスチン(ベバシズマブ)とカンプト(イリノテカン)を2週間おきに点滴で投与。飲み薬はTS-1(テガフール60mg×2回/日)を2週間飲み2週間休薬。つまり、点滴→TS-1を2週間→点滴→休薬2週間の4週間を1クールとし、適当なところでCT検査してどうするか決めることになった。副作用について聞いたらちょっとブルーになった。
点滴はポートを埋めたら自宅でも可能らしいが、ポートを埋めるのが何か痛そうで止めておいた。
栄養指導は「わざわざ来ていただいて申し訳ないのですが、煙草吸ってないようですし、体型もちょうど良い感じで、特に言うことありません」と言われ30秒ほどで終了。診察料600円
頼んでおいた会社と生保に提出する診断書を受け取ったが、2通で5,775円と高い。

7月21日Thuの午前中に半日の有給休暇で採血に行く。
化学療法の可否を判断するための検査。他の病院では当日の朝に行い1時間ほどで結果が出ると聞いていたが、この病院では前日らしい。有休のストックがが減っていく・・・。検査料350円

7月22日Fri、10:00から診察があり前日の血液検査結果は問題なく、化学療法が受けられるとのこと。
早速、4階の化学療法室に向かう。入院していた病室と同じフロアで、入院時にあることは知っていたが中に入ったことはなかった。入口にウィッグが並んでいて不気味だった。
ベッドに寝かされ手際よく点滴のチューブを入れたらすぐに点滴開始。点滴のどれがなにとか気にしなかったが、4個もぶら下がってた。時間がかかることは聞いていたので、iPodで音楽を聴きながら入院中に読み残した小説を読んで過ごす。途中で1回トイレ(小)に行っただけで、特に問題なく4時間くらいで終了。治療費102,820円 + 薬代19,460円
化学療法1回で高額医療費制度の上限到達だ。

点滴当日は身体に怠さを感じたが、翌日には解消していて普段と同じ生活が送れた。

点滴時間があまりにも長くて暇だと思ったので、取り敢えず出たばかりのMacBook Air 11.6inchを購入。それとモバイルWi-Fiルーターを買うことにしようと決めた。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/09(土) 15:07:25|
  2. 転移性肝腫瘍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サプリメント | ホーム | 生命保険とか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaa03642.blog.fc2.com/tb.php/7-b9bd5571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。