ほどほどに頑張ってみる

直腸癌ステージIVの闘病記(備忘録)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

化学療法

化学療法の点滴1回目は何事もなく終わり、TS-1(1日に60mg×2回)を2週間飲んだ。

アバスチン(ベバシズマブ)+カンプト(イリノテカン)の点滴とTS-1の服用による化学療法であるが、この選定は直腸にあった腫瘍の検査結果からのものらしい。

次回は2011年8月5日Friとなる筈だが、担当医が不在で前日の4日Thuとなった。
前日の採血で有休を使うのは勿体なく、時間はいつでも良いらしいので会社の昼休みに行くことにした。検査費1,280円
8月4日Fri、前回と特に変わったことはないが、前回異常がなかったことで点滴のスピードを早めてくれた。
時間が掛かるのでお腹が空いた時のために菓子パンを買って行き、点滴しながら食べた。
カンプトが入ってきてからだったと思うが、身体が熱くなりかなりの汗をかく、室内はかなりの冷房が効いていて、入った時は寒いくらいなのに。
前回より早く3時間半くらいで終了。身体がちょっと怠い感じだが歩いて駅まで向かって帰宅。帰宅後は動けず死んだように寝る。治療費104,040円+薬代2,280円

気になる身体の変化(副作用)は、便秘と下痢くらい。
出ない時は2,3日出なくて、出る時は一度にではなく少しずつ何度にも分けて出る(頻便って感じ)。
食あたりのような下痢ではないので身体のダメージは無いが、結構長い時間トイレの側から離れられないのが煩わしい。
幸いにも便が出るのは家にいる夜が多く、外出先や会社ではほとんど無い。帰宅間際に始まったら、帰るに帰れなくなるところだ。
あと徐々にではあるが色素沈着が見られ、指の関節が黒ずんだりシミが増えたような気がする。加齢によるものかもしれないが、一応ビタミンCを飲み始めたら、おさまったような気がする(かなりいい加減)。

この後も担当医の都合でちょうど2週間おきとはいかなかったが、順調に点滴をこなしていく。
担当医の診察が月曜日に変わり、採血が土曜日になった。
2クール目
8月20日Sat 採血 検査費350円
8月22日Mon 診察後に点滴 治療費104,040円+薬代19,480円

9月3日Sat 採血(ついでに腫瘍マーカー)検査費2,610円
9月5日Mon 点滴 治療費103,840円
この時だったと思うが、点滴終了付近から下痢が始まり、点滴中、会計前、会計後、駅とトイレに駆け込む。電車に乗ってる最中も我慢できず下車して駅のトイレに入る。普段の倍以上の時間をかけて帰宅する頃にはおさまる。

3クール目
担当医の診察は月曜日のみ、9月19日Monが敬老の日で休みなので1週間伸ばす(・・・良いのか?)。
9月24日Sat 採血 検査費350円
9月26日Mon 診察後に点滴 治療費104,040円+薬代19,480円

10月8日Sat 採血検査費1,280円
10月11日Tue 診察後に点滴。月曜日が体育の日で休みだが、あまり治療を伸ばすわけにもいかないだろうと、他の医師の診断となった。治療費104,040円+薬代2,280円

「取り敢えず3クール終わったのでCT撮ってみましょう」と10月18日TueにCT検査、結果を24日Monに聞けることになった。

点滴当日の倦怠感と下痢・便秘、それと若干の色素沈着以外に副作用は無かった。
日常生活にほぼ支障なく、通院以外に会社を休むことなく通常に業務がこなせたことは幸いである。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/11(月) 22:18:08|
  2. 転移性肝腫瘍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<癌は遺伝性? | ホーム | サプリメント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaa03642.blog.fc2.com/tb.php/9-e7dfc7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。